このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149238
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20140214-4
事例作成日
(Creation date)
2014年02月14日登録日時
(Registration date)
2014年02月14日 13時51分更新日時
(Last update)
2017年08月28日 13時03分
質問
(Question)
高野辰之について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に記載があった。

<事典等の記述>

高野辰之 【たかのたつゆき】 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E9%AB%98%E9%87%8E%E8%BE%B0%E4%B9%8B (2016/07/25 確認)
世界大百科事典 第2版
たかのたつゆき【高野辰之】 1876‐1947(明治9‐昭和22)
国文学者,演劇学者。号斑山(はんざん)。長野県生れ。高野仲右衛門の子。1897年長野師範学校卒業,翌年中等教員国語科試験に合格して上京,上田万年に師事。文部省の国定小学読本編纂委員,東京音楽学校(現,東京芸術大学音楽学部)邦楽調査掛を経て,1910年同校教授となる。広く文献資料を収集・考証し,邦楽,歌謡,演劇の芸態とその史的研究の先駆者として未踏の分野を開拓した。東京音楽学校では黒木勘蔵の助手として《近世邦楽年表》の編纂に従事,邦楽科の設立に尽力した。

デジタル大辞泉
たかの‐たつゆき【高野辰之】
[1876~1947]国文学者。長野の生まれ。東京音楽学校・大正大学教授。上田万年に師事。歌謡・演劇史を研究。著「日本歌謡史」「日本歌謡集成」「日本演劇史」など。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus
高野辰之 たかの-たつゆき
1876-1947 明治-昭和時代の国文学者。
明治9年4月13日生まれ。上田万年(かずとし)に師事,明治43年東京音楽学校(現東京芸大)教授となる。日本の歌謡,演劇史の学術的研究をおこない,「日本歌謡史」で昭和3年学士院賞。「春が来た」「朧(おぼろ)月夜」「故郷(ふるさと)」などの文部省唱歌を多数作詞した。昭和22年1月25日死去。72歳。長野県出身。長野師範卒。号は斑山。著作に「日本演劇史」「日本歌謡集成」など。

日本大百科全書(ニッポニカ)
高野辰之 たかのたつゆき
[1876―1947]
国文学者、演劇研究家。号斑山(はんざん)。長野県に生まれる。1897年(明治30)長野師範学校卒業。上田万年(うえだかずとし)に師事。文部省の国語教科書編纂(へんさん)委員を経て、東京音楽学校教授となり邦楽科の設立に尽力。のち東京大学講師、大正大学教授。日本歌謡史、日本演劇史を研究、1928年(昭和3)『日本歌謡史』で学士院賞を受賞。主編著に『歌舞音曲考説』『日本演劇の研究』『日本歌謡集成』『江戸文学史』『日本演劇史』がある。書籍書画を収集し、斑山文庫として知られた。唱歌の作詞者としても著名。

新版 能・狂言事典 平凡社 
高野辰之[人名]たかのたつゆき
1876(明治9)・4・13‐1947(昭和22)・1・25
国文学者、演劇学者。号斑山(はんざん)。長野県生れ。高野仲右衛門の子。(略)書籍、書画の収集家としても有名で、収集品は〈斑山文庫〉と呼ばれる。[西野 春雄]
本館請求記号:773 - N93  
(契約データベース「ジャパンナレッジ」(学内からのリンク): http://japanknowledge.com/lib/display/?lid=52610NKY0084500

<書誌>
法政大学文学部史学研究室編『日本人物文献目録』東京 : 平凡社 , 1974
本館請求記号:281.031 - N77
p.617 高野辰之
  「高野辰之略年譜」国語と国文学 二四ノ五 昭和22
  「高野辰之博士」 守随憲治 国文学解釈と鑑賞 十六ノ十二 昭和26
  「高野辰之博士追慕」守随憲治 国語と国文学 二四ノ五 昭和22

<CiNiiによる記事検索>
タイトルにキーワード「高野辰之」
http://ci.nii.ac.jp/search?range=0&title=%E9%AB%98%E9%87%8E%E8%BE%B0%E4%B9%8B&nrid=&count=200&sortorder=1&type=1

芳賀 綏「<高野展記録>文学博士・高野辰之の人柄と学風について」専修大学史紀要 2013-03-31 No.5, p.65-66
http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=4608&item_no=1&page_id=13&block_id=52 (2016/07/25 確認)

<図書>NDLサーチによる検索(本館所蔵なし)
権藤敦子著『高野辰之と唱歌の時代 : 日本の音楽文化と教育の接点をもとめて』東京堂出版 2015
 本館請求記号:375.762 - G63
畑守人著『物語高野辰之』星雲社 2001
芳賀綏 監修『定本高野辰之 : その生涯と全業績』郷土出版社 2001
『高野辰之の世界 : 没後五十年記念』大正大学 1997

<関連施設>
高野辰之記念 おぼろ月夜の館 斑山文庫 (信州野沢温泉)
http://www.dia.janis.or.jp/~hanzan/  (2016/07/25 確認)
高野辰之博士記念ルーム
http://www.dia.janis.or.jp/~hanzan/takano1.html  (2016/07/25 確認)
高野辰之博士の業績
http://www.dia.janis.or.jp/~hanzan/takano2.html  (2016/07/25 確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
高野辰之 たかの たつゆき
斑山文庫 はんざんぶんこ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
南アルプス市立図書館 「春の小川」のモデルは、渋谷区の川と聞いたが本当か。また、歌詞を知りたい。
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000114034 (2016/07/25 確認)
「春の小川」の歌詞と「高野辰之作詞大正元年(1912)十二月」の記載がある。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000149238解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!