このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-0042
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2010年09月12日 13時44分更新日時
(Last update)
2010年09月30日 15時55分
質問
(Question)
1日が24時間で、1年が365日なのはなぜか知りたい(小学校高学年の質問)。
回答
(Answer)
地球は太陽に向かって1日かけてくるりと1回転(自転)し、
太陽の周りを1年かけて1周(公転)している。
時間はこうした地球の動きを基準に定められた。

○1日が24時間
 地球が自転するのに24時間かかる。
 1582年に「グレゴリオ暦」が完成し、この時、年、月、日、時間という単位が使われ、
1日を24時間、1時間を60分とすることなどが決められた。
 
○1年が365日
 地球が公転するのに大体365日かかる。
 公転は実際は365日ぴったりではなく少し多く、4年分たまると約1日分になる。
そこで4年に1回、1日だけ増やして366日にして調整し、これを「うるう年」とよぶ。
 1年を約365日と決めたのは、紀元前46年頃のエジプトの天文学者で、
その時すでに「うるう年」という考え方も存在していた。

参考資料1『楽しく遊ぶ学ぶかず・かたちの図鑑』
 p.146-147 じかんのながさとしぜん
 p.156-157 じかんしらべ

参考資料2『数え方と単位の本 1 暮らしと生活』 
 p.28-29 昔の呼び方を学んでみよう 時刻と暦の表し方
 
参考資料3『数え方と単位の本 4 自然と植物』
 p.6-7 スケールの大きい 宇宙にあるものの考え方

参考資料4『観察でわかる地学』
 p.57 一日の定義

参考資料5『1秒の長さは、だれがきめたの?』
 p.24-25 グレゴリオ暦の説明
回答プロセス
(Answering process)
1 4分類の事典類(児童書)で、時間の定義を確認。

2 単位(NDC:815)の児童書で、時刻や暦の数え方を確認。

3 暦(NDC:449)、地学(NDC:450)の児童書をブラウジング。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449 9版)
地球科学.地学  (450 9版)
文法.語法  (815 9版)
参考資料
(Reference materials)
1『楽しく遊ぶ学ぶかず・かたちの図鑑』 黒沢 俊二/監修 小学館 2008
2『数え方と単位の本 1 暮らしと生活』 飯田 朝子/監修 学研 2006
3『数え方と単位の本 4 自然と植物』 飯田 朝子/監修 学研 2006
4『観察でわかる地学 中学理科を完全マスター 連続写真でビジュアル解説』 福地 孝宏/著 誠文堂新光社 2007
5『1秒の長さは、だれがきめたの?』 清水 徳子/著 アリス館 2002
キーワード
(Keywords)
時間
単位
地学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
夏休み定番事例
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000071212解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!