このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000232590
提供館
(Library)
飯能市立図書館 (2300012)管理番号
(Control number)
飯能-H29-001
事例作成日
(Creation date)
2017年04月23日登録日時
(Registration date)
2018年03月15日 22時53分更新日時
(Last update)
2018年06月01日 10時44分
質問
(Question)
本多静六博士が飯能市で行った「飯能遊覧地」に関する講演録そのものが見たい。
回答
(Answer)
下記の資料に講演の一部について記載があったが、全文ではないため、
飯能市郷土館に問い合わせたところ、
「飯能遊覧地委員会」が発行した資料があり、それが原本と思われるため紹介した。

①『飯能の明治百年』(小松崎甲子雄/著 文化新聞社/編 文化新聞社 1968)
p123「明治末期に観光開発」一部記載はあるが全文ではない。

②『飯能市史 通史編』(飯能市史編集委員会/編 飯能市 1988)
p511-「七、観光」の部分に五十四の事項が挙げられているが全文ではない。

<飯能市立図書館 文化新聞閲覧システム>を<見出し>”飯能遊覧地”で検索。2件あり。
「飯能の明治百年(92)明治期に観光開発」(「文化新聞 昭和42年09月05週 」1面(1967年09月24日発行))
 明治45年5月8日に本多博士を招いて講演してもらったとの内容の記述あり。
「飯能遊覧設計 六十八年前に実施していた」(「文化新聞 昭和55年06月01週」1面 1980年06月01日発行)
回答プロセス
(Answering process)
郷土資料の棚を調査。また、<飯能市立図書館 文化新聞閲覧システム>で調査したが、
全文が掲載されている資料が見つからず、飯能市郷土館に問い合わせた。

その他調査済み資料(掲載無し)
『本多静六体験八十五年』(本多静六/著 講談社 1952)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
個人伝記  (289 9版)
観光事業  (689 9版)
参考資料
(Reference materials)
小松崎, 甲子雄, 1912- , 小松崎甲子雄 著. 飯能の明治百年. 文化新聞社, 1968.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002179471-00
飯能市史編集委員会 編 , 飯能市. 飯能市史 通史編. 飯能市, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001898326-00
キーワード
(Keywords)
本多, 静六, 1866-1952
飯能市--歴史
観光事業
照会先
(Institution or person inquired for advice)
飯能市郷土館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000232590解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!