このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀県立図書館 (2110026)管理番号
(Control number)
0000200626
事例作成日
(Creation date)
20160623登録日時
(Registration date)
2019年10月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月16日 12時41分
質問
(Question)
大和町の「塩土井」について書かれた資料が見たい。
回答
(Answer)
御質問のありました「塩土井」については、次の資料に記載がありました。  
(1)『佐賀市史 第1巻』 佐賀市史編さん委員会/編 佐賀市 1977年 P50~52  縄文中期(約五千年前)の海進時はもとより、往時は有明海も現在の平野部に深く湾入し、河床は低く、また上流に遡るにつれて河川の容積が漸減するばかりでなく、満潮の惰力がこれに加わるからである。これすなわち既述のように五メートル等高線以南に牡蠣殻層を含む溝渠(堀)が分布し、尼寺付近(おおむね海抜七・五メートル)に市ノ江、三日月町に塩土井(おおむね海抜七メートル)などの地名が存在する所以である。 
(2)『藩国と藩輔の構図』 高野 信治/著 名著出版 2002年 P174  水土井・塩土井の普請=水利管理 
(3)『郷土史大辞典 上』 歴史学会/編 朝倉書店 2005年 P410  「干拓」の項目に このような大規模な開発はやがて近世初頭における「塩土井」「新開塩堤」の築堤による干拓開発に引き継がれていく.
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
河海工学.河川工学  (517)
九州地方  (219)
参考資料
(Reference materials)
(1)佐賀市史編さん委員会編 , 佐賀市史編さん委員会 , 佐賀市. 佐賀市史 第1巻-. 佐賀市.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000314336-00
(2)高野信治 著 , 高野, 信治, 1957-. 藩国と藩輔の構図. 名著出版, 2002.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004067807-00 , ISBN 4626016669
(3)歴史学会 編 , 歴史学会. 郷土史大辞典 上(あ-そ). 朝倉書店, 2005.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007786213-00
キーワード
(Keywords)
佐賀県
大和町
塩土井
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000262976解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!