このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000237202
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-394
事例作成日
(Creation date)
2018年03月19日登録日時
(Registration date)
2018年06月14日 17時26分更新日時
(Last update)
2018年06月15日 15時04分
質問
(Question)
明治33年に浄瑠璃寺の改修が行われたそうだが、そのことを確認できる資料はあるか。
回答
(Answer)
『国宝浄瑠璃寺本堂・三重塔修理工事報告書』(①)の概説の中に過去の修理について簡単な記述がある。本堂は明治32年に解体修理、昭和12年に屋根葺替修理をされており、三重塔は明治33年に解体修理、昭和12年に屋根葺替修理をされたことが記載されている。

『浄瑠璃寺(古寺巡礼京都2)』新版(②)p.139の年表、『浄瑠璃寺(古寺巡礼京都7)』(③)pp.152-153の年表では、本堂・三重塔ともに明治33年に解体修理が行われたと記載されており、本堂の解体修理の年について、①と②③で記述が異なる。

『国宝・重要文化財建造物目録』(④)p.330には、本堂は明治32年に解体修理、三重塔は明治33年に解体修理されたと記載。なお、この資料にはその後の修理の記録や、重要文化財指定、国宝指定の年も記されている。本堂・三重塔ともに明治30年12月28日に重要文化財に指定され、昭和27年3月29日に国宝に指定されている。

『日本の国宝8 近畿6[京都・滋賀]』(⑤)p.131に本堂は明治32年解体修理、p.142に三重塔は明治33年に解体修理されたと書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
浄瑠璃寺に関する資料①②③を確認した。
①と②・③で、本堂の解体修理が行われた年について記載内容が異なったため、国宝に関する資料④⑤で確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185)
日本の建築  (521)
参考資料
(Reference materials)
① 京都府教育委員会. 国宝浄瑠璃寺本堂・三重塔修理工事報告書. 京都府教育委員会, 1967.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001283198-00  (当館請求記号:K28||521.81||KY6||)
② 立松和平, 佐伯快勝 著. 浄瑠璃寺. 淡交社, 2006. (古寺巡礼京都 : 新版 ; 2)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008300392-00 , ISBN 447303352X (当館請求記号:K1||185.916||Ko39||2)
③ 清岡卓行 , 佐伯快勝. 浄瑠璃寺. 淡交社, 1976. (古寺巡礼京都)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I065050297-00  (当館請求記号:K1||185.91||Ko39||7)
④ 文化庁文化財部参事官(建造物担当) 編集 , 文化庁. 国宝・重要文化財建造物目録 平成24年3月. 文化庁文化財部参事官(建造物担当), 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I043947145-00  (当館請求記号:||709.1||B89||)
⑤ 週刊百科編集部 , 朝日新聞社. 日本の国宝 8: 近畿6. 朝日新聞社, 1999.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I065020719-00  (当館請求記号:||709.1||A82||8)
キーワード
(Keywords)
浄瑠璃寺本堂
浄瑠璃寺三重塔
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000237202解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!