このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000260504
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-19-027
事例作成日
(Creation date)
2019年08月24日登録日時
(Registration date)
2019年08月27日 10時08分更新日時
(Last update)
2019年10月11日 15時58分
質問
(Question)
鳥類全体に対する渡り鳥の割合はどれくらいか。
回答
(Answer)
 鳥類全体に対する渡り鳥の割合については不明。

 日本における渡り鳥の割合については、『世界大百科事典 30』平凡社 2007 【031/セカ/30】のp.583「渡り鳥」の項目に「渡り鳥は全体の約40%に及ぶ、さらになんらかの移動をするものは60%にのぼるであろう。」との記載あり。
 また、日本野鳥の会HP野鳥を楽しむポータルサイト BIRDFAN【最終確認2019.8.27】の「教えて?安西さん 第19回(2006年11月号)」に冬鳥約22%、夏鳥10%、旅鳥15%、迷鳥約16%と記載があるが、これは日本で確認されている鳥の割合になり、世界の鳥類に対するものではない。

 日本野鳥の会に照会したところ、日本で確認されている野鳥については、HPに記載されている割合と「渡り鳥の定義は国や地域によってちがうため、世界の鳥類全体で割合を出すのは難しい。」との回答をいただいた。
回答プロセス
(Answering process)
1 『理科年表 第92冊(平成31年)』丸善出版 2018 【403.6/リカ/'19】を確認する。

2 当館の所蔵を「渡り鳥」のキーワードで検索するとともに、鳥類の分類である488の書架をブラウジングする。

3 百科事典、図鑑を確認する。

4 CiNii-Articles【最終確認2019.8.27】で同じようなキーワードで検索するが割合については、確認できなかった。

5 「渡り鳥 割合」などのキーワードでインターネットを検索する。ヒットしたページの中に参考文献等の記載があったら、現物を確認する。

6 5で日本野鳥の会のHPに記載があることを確認したため、問い合わせをする。

<調査済み資料>
・『日本大百科全書 24』小学館 1988 【031/ニホ/24】
・『環境年表 第6冊(2019-2020)』丸善出版 2018 【519.03/コク/'19】
・『鳥類学辞典』山岸哲監修 昭和堂 2004 【488.03/チヨ】
・『日本の渡り鳥観察ガイド』先崎理之著 文一総合出版 2019 【488.1/セマ】
・『鳥の行動生態学』江口和洋編 京都大学学術出版会 2016 【488.1/エカ】
・『鳥類学』フランク・B.ギル著 新樹社 2009 【488.1/ギフ】
・『鳥類調査中間報告書 自然環境保全基礎調査 生物多様性調査』
  環境庁自然保護局生物多様性センター 1999 【488.03/シゼ】
・『鳥類生態学入門 観察と研究のしかた』山岸哲編著 築地書館 【488.1/ヤサ】
事前調査事項
(Preliminary research)
・『動物学の百科事典』日本動物学会編 丸善出版 2018
・『動物大百科 7-9 鳥類』黒田長久監修 平凡社 1986
・『日本の鳥の世界』樋口広芳著 平凡社 2014
・『見る聞くまわる野鳥界 生態編』山岸哲監修 石塚徹著 信濃毎日新聞社 2016
NDC
鳥類  (488 8版)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 30 改訂新版. 平凡社, 2007. p.583 (当館請求記号 【031/セカ/30】)
キーワード
(Keywords)
鳥類
野鳥
渡り鳥
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000260504解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!