このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
S13-005
事例作成日
(Creation date)
2014年02月14日登録日時
(Registration date)
2014年02月14日 12時11分更新日時
(Last update)
2015年05月26日 11時04分
質問
(Question)
国勢調査に用いられる職業小分類の変遷について分かる資料がないか調べてほしい。
回答
(Answer)
国勢調査実施のたびに職業分類に関する解説書が発行されていることが確認できた。
*正式に国勢調査で職業別の分類がおこなわれるようになったのは第3回国勢調査からである。
*第1回国勢調査では、産業と職業の明確な区別がつけられていなかった。
*第2回と第4回の国勢調査では、そもそも職業別の調査はおこなわれなかった。

職業分類に関する資料一覧
 ①第1回:『国勢調査職業名鑑』 内閣統計局 BN08773060
 ②第1回:『国勢調査に於ける職業分類 : 大正九年』 BA44742830
 ③第3回:『国勢調査參考書 : 産業及職業分類』 内閣統計局 BN1470810X
 ④第5・7回:『昭和25年国勢調査用職業分類と昭和15年国勢調査職名表,1950年米国人口センサス職業分類,国際標準職業分類比較表』 統計委員会事務局 BA43496444
 ⑤第6回:『臨時国勢調査に用いる職業分類表』 総理庁統計局 BA76688451
 ⑥第7回:『昭和25年 国勢調査用職業分類 分類項目名、説明及び内容例示』 行政管理庁統計基準部職業分類専門部会 BN13397820
 ⑦第8~12回:『○○年 国勢調査に用いる産業分類・職業分類の解説』 総理府統計局 BN05424316
 ⑧第13~18回:『○○年 国勢調査に用いる職業分類』 総務省統計局 BN00896511

*ここで紹介している資料は、質問事項に関する全ての参考資料を網羅しているわけではない。
回答プロセス
(Answering process)
① 国勢調査の結果等が公開されている総務省統計局のHPを確認したところ、平成22年第19回国勢調査の職業分類について解説した『平成22年国勢調査に用いる職業分類』が公開されていた。統計局のHPでは、他の回次での職業分類に関する資料は確認できなかった。
  総務省統計局HPにて公開。最終確認日:2014年2月21日
   http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/users-g/word4.htm#a04

② 「NDL-OPAC」にて、“国勢調査”と”職業分類”をキーワードとして検索したところ、第2・4・6回を除く国勢調査における職業分類の解説書が確認できた。第2回と第4回の国勢調査では、そもそも職業別の表示が行なわれなかったため、職業分類に関する資料が発行されなかったようである。
 一方で、第6回国勢調査の職業分類について書かれた資料を確認することはできなかった。
 また、第1回国勢調査では、産業と職業の明確な区別がつけられていなかったが、『国勢調査職業名鑑 大正9年』という資料が発行されていたことを確認できた。

*上記の初期国勢調査における職業分類の変遷については、統計局HPにて説明があった。
  総務省統計局HPにて公開。最終確認日:2014年2月21日
   http://www.stat.go.jp/index/seido/shokgyou/hen_h21.htm

③ 同様に「CiNii Books」にて、“国勢調査”と”職業分類”をキーワードとして検索したところ、第6回国勢調査の職業分類に関連する資料として『臨時国勢調査に用いる職業分類表』という資料を確認できた。この資料は「一橋大学 経済研究所 附属社会科学統計情報研究センター」に所蔵されているとのことである。
 また、第1回国勢調査の職業分類に関する資料として、『国勢調査に於ける職業分類 : 大正九年』という資料を確認できた。こちらの資料は、東京大学大学院 人文社会系研究科 文学部図書室に所蔵しているとのことである。

④ 確認できた資料の多くが本学に所蔵されていなかった為、京都市周辺の教育・研究機関での所蔵状況について調査したところ、京都府立総合資料館が上記回答にて示した資料の①・③・④・⑥・⑦・⑧を所蔵していることが判明した。ただし、『平成7年 国勢調査に用いる職業分類』は所蔵されていなかった。

* 国勢調査に用いられる職業分類は、「日本標準職業分類」を基に編成されることから、それに関する資料についても併せて調査した。「日本標準職業分類」はこれまでに5度改定されてきた。改定の度に冊子体にて『日本標準職業分類 : 分類項目名, 説明および内容例示』が出版されており、これらは総務省統計局のHPにて全て公開されている。
  総務省統計局HPにて公開。最終確認日:2014年2月21日
   http://www.stat.go.jp/index/seido/shokgyou/index.htm
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口統計.国勢調査  (358 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
国勢調査
職業分類
職業小分類
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000149230解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!