このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000108072
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-065
事例作成日
(Creation date)
2012年04月05日登録日時
(Registration date)
2012年07月02日 13時30分更新日時
(Last update)
2012年10月02日 14時09分
質問
(Question)
平安時代の僧の装束で「裘代(きゅうたい)五條袈裟姿」が載っている資料を探している。人形を作るのでカラーで詳しく載っているものがよい。
回答
(Answer)
カラー写真の掲載されている資料として次のものを紹介した。
『原色日本服飾史』(井筒雅風著 光琳社出版 1989)
p110-111 に「法親王裘代五條袈裟姿」前面・後面のカラー写真、部分の名称と簡単な解説あり。
『法衣史』(井筒雅風著 雄山閣出版 1974) 
口絵カラー図版6「裘代・五條袈裟」着用正面のカラー写真あり。
p62に「裘代着装図と裘代(足利時代考証)」の白黒写真あり。(カラー図版6の背面)
p63に「裘代と帯」の白黒写真あり。
上記『原色日本服飾史』の図は風俗博物館のウェブサイト《服飾史資料》データベースにある「法親王球代五條袈裟姿」の画像でも見られる。
白黒写真の掲載がある資料は以下のとおり。
『有職故実図鑑』(河鰭実英編 東京堂出版 1989)p160「裘代姿」「裘代の図」。p163「五條の袈裟」の図。
『袈裟史』(井筒雅風著 雄山閣出版 1977)図67-69「五条袈裟」の写真あり。図70「素絹に紋白五条姿」図71「図70の背面」写真あり。
回答プロセス
(Answering process)
参考図書
『国史大辞典 4』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1984)
p242〈裘代〉の項に図あり。形状は左右両端に襞を入れたすそつきころも。立襟のまま着用する。参考文献あり。
『国史大辞典 5』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1985)
p88〈袈裟〉の項に安陀会(五条袈裟)の図あり。解説によると布をはぎ合わせた重ね合わせの条数から命名され、五条袈裟は五枚の布をはぎ合わせたもの。〔参考文献〕『古事類苑 宗教部2』、久馬慧忠『袈裟の研究』、井筒雅風『袈裟史』、同『法衣史』
『古事類苑 10 宗教部2』(神宮司庁編 吉川弘文館 1968)
p1139-〈袈裟〉p1147-1148〈五條袈裟〉図はないが、「法体装束抄」の記述が着用法に詳しい。
『群書類従 8 装束部』(塙保己一編纂 続群書類従完成会 1987)「法体装束抄」収録
p349-350「五條袈裟事」p350「裘袋事」ともに図はないが、着用法に詳しい。
『平安朝服飾百科辞典』(あかね会編 講談社 1975)口絵に法服姿の図は何点かあるが裘代ではなく、袈裟の種類も判別できない。p373中段〈ごでうのけさ〉(五条袈裟)の項に簡単な記述あり。図なし。p344-346〈けさ〉(袈裟)
『日本服飾史辞典』(河鰭実英編 東京堂出版 1982)p92-93〈袈裟〉の項で、五条袈裟についても触れている。図なし。
『平成新編仏教法具図鑑』(有賀要延編著 国書刊行会 1993)p317-318〈安陀会〉の項に五条袈裟の図あり。
『総合服飾史事典』(丹野郁編 雄山閣出版 1980)p249-250〈僧服〉の項に袈裟についての記述あり。索引に〈裘代〉〈五条袈裟〉なし。

仏教関係資料
『袈裟の研究』(久馬慧忠編 大法輪閣 1985)袈裟の色・種類・平面図・寸法・作り方・着用法(写真あり)につき記述あり。〈五条袈裟〉(五条衣・安陀会)については、p32・64・198に簡単な記述あり。
『佛祖袈裟考』(徳巖養存撰 花井充行訓註 朱鳥社 2007)
『袈裟の研究』(久馬慧忠編 大法輪閣 19885)

歴史関係資料
『服制と儀式の有職故実』(佐多芳彦著 吉川弘文館 2008)目次・索引を見る限りでは、法服についての記述はない。
『王朝絵巻 貴族の世界 復元の日本史』(鈴木敬三監修 毎日新聞社 1990)男子・女子の装束については復元カラー写真があるが、法服なし。
『時代衣裳の着つけ』(日本和装教育協会編 源流社 1982)

服装・服飾史関連資料 NDC分類〈589・593〉 キーワード〈装束 or 服飾〉で検索した資料。
『服装大百科 上 増補版』(文化服装協会編 文化出版局 1983)p284-287袈裟の項目に(聖徳宗法隆寺蔵)五条袈裟 白黒。
『時代衣装の縫い方』(栗原弘,河村まち子著 源流社 1984)「裘代・五條袈裟姿」についての記述、図共になし
『故実叢書 32 装束図譜』(故実叢書編集部編 明治図書出版 1953)
『故実叢書 34 織文図譜』(故実叢書編集部編 明治図書出版 1953)

風俗博物館のウェブサイトに関連情報があったことから自館目録を〈風俗博物館〉で検索する
『源氏物語六条院の生活』(風俗博物館編 宗教文化研究所風俗博物館 1998)(質問館調査済資料)
「六條院へ出かけよう 源氏物語と京都」(風俗博物館編 五島邦治監修 宗教文化研究所 2005)(県内公共図所蔵)

源氏物語関係資料
『かたちのなかの源氏物語』(林恭子文 弓立社 2003)
『王朝文学と服飾・容飾』(河添房江編 竹林舎 2010)

衣習慣関係資料 NDC分類〈383〉の資料
『平安朝のファッション文化』(鳥居本幸代著 春秋社 2003)僧の服装についての記載なし。
『時代装束 時代祭資料集成』(京都書院 1995)
『時代衣裳の縫い方 復元品を中心とした日本伝統衣服の構成技法』(栗原弘、河村まち子共著 源流社 1984)
『服飾史図絵 [1]上』(服飾史図絵編集委員会編 駸々堂 1969)
『服飾文化研究会きもの図録 礼正装と「右近コレクション」を中心に 1』(服飾文化研究会著 源流社 2006)
『平安朝服飾百科辞典』(あかね会編 講談社 1975)
事前調査事項
(Preliminary research)
「図解 日本の装束」(池上良太 新紀元社)に掲載あり。
「袈裟のはなし」「痛快!寂聴仏教塾」「宮中柳営の秘宝」「名僧でたどる日本の仏教」「源氏物語の雅び平安京と王朝びと」「源氏物語六條院の生活」には僧の装束はなし。 
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
寺院.僧職  (185 9版)
参考資料
(Reference materials)
『原色日本服飾史』(井筒雅風著 光琳社出版 1989)
『法衣史』(井筒雅風著 雄山閣出版 1974) 
キーワード
(Keywords)
僧服-歴史
袈裟-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000108072解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!