このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図2019204
事例作成日
(Creation date)
2020年01月08日登録日時
(Registration date)
2020年04月04日 16時24分更新日時
(Last update)
2020年06月04日 17時35分
質問
(Question)
浅田次郎著『蒼穹の昴』シリーズに登場する梁文秀(りょうぶんしゅう)のモデルになった梁啓超(りょうけいちょう)とその子孫について書かれている本(伝記のようなもの)が読みたい。
物語の中で「日本に亡命した」との記述があったが,その後中国へ帰化したのか,日本で子孫を残したのか,分かることがあれば知りたい。
回答
(Answer)
1 梁啓超(りょうけいちょう)について(中国へ帰化したのか,日本で子孫を残したのかなど)
  梁啓超に関する資料は,次のとおりです。

  『梁啓超:西洋近代思想受容と明治日本 共同研究』狭間直樹/編,みすず書房,1999【289/リケ99】
   分類は伝記ですが,内容は学術論文集です。

  『わかりやすくおもしろい中国文学講義』九州大学中国文学会/編,中国書店,2002【920/102キ】
   p.172-183 「梁啓超―打ち上げ続けた“ことばの烽火”―」若杉邦子
    主に人物像や文学作品について,比較的分かりやすく書かれています。

  『近代中国人名辞典』近代中国人名辞典修訂版編集委員会/編,修訂版,霞山会,2018【R282.2/118キ】
   p.326-328 梁啓超
    p.328 「1911年10月10日辛亥革命が起こると,翌月梁啓超は秘かに瀋陽に赴き情勢をうかがった。」「13年7月反袁第2革命後梁は熊希齢内閣の司法総長に就任したが,」「病気のため北京協和病院に入院し,29年1月死去した。」など,中国に戻ってからの記述が散見されます。
    参考文献の掲載はありますが,中国語文献が中心です。日本語のものは次のとおりです。

  『清代学術概論:中国のルネッサンス』梁啓超/[著],小野和子/訳注,平凡社,1974(東洋文庫245)【222/R96】
  『清末政治思想研究 1』小野川秀美/著,平凡社,2009(東洋文庫 791)【311.2/109オ/1】
  『清末政治思想研究 2』小野川秀美/著,平凡社,2010(東洋文庫 793)【311.2/109オ/2】
  いずれも,伝記ではありませんでした。

  『中国学芸大事典』近藤春雄/著,大修館書店,1980【R920.3/Ko732】
   p.827 りょうけいちょう 梁啓超

  『中国文化史大事典』尾崎雄二郎/編集代表,竺沙雅章/編集代表,戸川芳郎/編集代表,大修館書店,2013【R222/113オ】
   p.1265 りょうけいちょう 梁啓超

  『しにか』7(7)(1996.7),大修館書店【雑誌】
   p.102-107 「「史界革命」と明治の歴史学 梁啓超」手代木有児
    p.102 「九八年戊戌政変により日本に亡命し、(略)辛亥革命後に帰国してからは、(略)」

  『しにか』9(4)(1998.4),大修館書店【雑誌】
   p.102-107 「梁啓超 日本亡命と新中国の構想」清水賢一郎
   日本亡命前後に関する記事です。中国への帰化,子孫については記述がありません。

  『中国人物伝 4 変革と激動の時代 明・清・近現代』井波律子/著,岩波書店,2014【282.2/114イ/4】
   p.263-270 「侠の精神」の実践者 譚嗣同・梁啓超・秋瑾
    p.266-267 天性のジャーナリスト―梁啓超

  『20世紀の歴史家たち 3 世界編 上』刀水書房,1999【201.2/97イ/3】
   p.59-73 「梁啓超 一八七三~一九二九」佐藤慎一
    生涯や思想に関する記述があります。

  『近代中国人物研究』山田辰雄/編,慶応通信,1989【282.2/89ヤ】
   p.75-90 梁啓超における湖南 とくに蔡鍔との関係をめぐって

  『日本歴史』576号(1996.5)【雑誌】
   p.67-82 「福沢諭吉と梁啓超―近代日本と中国の思想・文化交流史の一側面―」肖朗

  『中国文学史研究 :「文学革命」と前夜の人々』増田渉/[著],岩波書店,1977【920.2/Ma66】
   p.142-172 梁啓超について
    p.146 「清朝が崩壊して一九一二年「中華民国」が成立すると、長い亡命生活も自然解消して中国に帰り、(略)」

  次の資料は,当館では所蔵していませんが,関連の記述があるとみられます。
  『梁啓超』狭間直樹/著,岩波書店,2016
   県内では,広島市立図書館,呉市図書館で所蔵しています。

  このほか,次の資料を確認しましたが,関連記述はありませんでした。
  『歴史・時代小説登場人物索引 アンソロジー篇』DBジャパン/編集,DBジャパン,2000【R910.26/100テ/1】
  『歴史・時代小説登場人物索引 単行本篇』DBジャパン/編集,DBジャパン,2001【R910.26/100テ/2】
  『歴史・時代小説登場人物索引 アンソロジー篇 遡及版』DBジャパン/編集,DBジャパン,2003【R910.26/103テ/1】
  『歴史・時代小説登場人物索引 アンソロジー篇2000-2009』DBジャパン/編集,DBジャパン,2010【R910.26/110テ/1】
  『歴史・時代小説登場人物索引 単行本篇2000-2009』DBジャパン/編集,DBジャパン,2010【R910.26/110テ/2】

2 梁啓超の子孫について
  当館で契約している人物情報データベース「WHOPLUS」で梁啓超を検索したところ,「家族・親族 長男=梁 思成(建築史家)」と記載がありました。
  また,当館で契約している新聞記事データベース「ELNET」で梁啓超を検索したところ29件ヒットし,次の記事に子孫に関する記述がありました。

  『朝日新聞』朝刊 1999/05/23
   p.4 「閑話休題=梁啓超が神戸にまいた種」
    「さて梁啓超は辛亥革命後の一九一二年まで日本に滞在、帰国後は司法総長にもなった。(略)長男、梁思成氏は著名な建築史家となり、ニューヨーク国連ビル設計団の中国代表も務めた。その息子の梁従誡氏は中国初のNGO「自然の友」代表で、希少動物保護などに取り組み、全国政治協商会議委員としても(略)」

  梁思成については,次の資料に関連の記述があります。
  『北京再造:古都の命運と建築家梁思成』王軍/著,多田麻美/訳,集広舎,2008【518.8/108オ】
   p.3-7 作者の言葉―日本語版序
    p.3 「梁思成は中国の有名な建築学者です。一九〇一年に東京で生まれました。その父で、中国近代の著名な思想家である梁啓超は、一八九八年に戊戌の変法が失敗に終わると、日本に亡命しました。そして一九一二年、梁思成は父親に従って中国に帰りました。」

  『中国人名事典:古代から現代まで』日外アソシエーツ株式会社/編集,日外アソシエーツ,1993【R282.2/93ニ】
   p.702 梁思成

  『新潮世界美術辞典』新潮社,1985【R703.3/85シ】
   p.1583 梁思成

  『中国文化史大事典』尾崎雄二郎/[ほか]編集代表,大修館書店,2013【R222/113オ】(再掲)
   p.1267 りょうしせい【梁思成】
    「近代中国の建築史家・建築家・教育家。父,梁啓超の亡命先である東京の松濤で生まれた。本籍は広東省新会県。1912(民国元)年に両親とともに帰国。(略)」

  新聞記事データベース「ELNET」で梁思成を検索したところ17件ヒットしました。次の新聞記事と雑誌記事が含まれていたので,御紹介します。

  『産経新聞(大阪)』朝刊 2010/09/30
   p.30 奈良県 “古都の恩人”中国人の銅像設置 来月末断念
    「(略)奈良県などが進めている中国の建築家、梁思成氏(1901~72年)の銅像設置をめぐる問題で、(略)中国からの銅像受け入れを県が断念したことが29日、わかった。(略)梁氏は中国国民党政府の故物保存(文化財保護)委員を務め、第二次世界大戦中、米軍に奈良・京都を空襲目標から外すよう進言したとして、中国側が平成20年、日中友好協会を通じて梁氏を顕彰する銅像建設を提案。しかし、このエピソードは中国側が持ち込んだもので、内容を疑問視した研究者から(略)など抗議が殺到。(略)」

  『AERA』4巻52号(1991.12.10),朝日新聞社【雑誌】
   p.39 「SPECIAL=古都 空襲免れた京都、奈良 中国学者が米軍に助言」

  梁従誡について新聞記事データベース「ELNET」で検索したところ5件ヒットしました。

  『朝日新聞』朝刊 2010/10/30
   p.8 「訃報」

  『朝日新聞』朝刊 2000/02/09
   p.2 「ひと=野生動物保護を訴える 中国の環境団体代表 梁従誡さん」

  『朝日新聞』朝刊 1994/05/11
   p.3 「ひと=NGO「自然の友」代表 梁従誡さん」

  『読売新聞』夕刊 1994/04/26
   p.5 「時のひと=中国初の民間環境団体発起人 梁従誡さん 汚染の深刻さを危惧」

  『東京新聞』朝刊 1994/04/15
   p.4 「国際インタビュー=中国初の環境保護民間団体代表 梁従 氏 環境意識アップ図る」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国  (222 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
梁文秀
梁啓超
蒼穹の昴
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000280214解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!