このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131105-1
事例作成日
(Creation date)
2013年11月05日登録日時
(Registration date)
2013年11月05日 08時57分更新日時
(Last update)
2013年12月06日 22時02分
質問
(Question)
范蠡について知りたい。
回答
(Answer)
范蠡(はんれい) [日本大百科全書(小学館)]
生没年不詳。中国、春秋時代末期の越(えつ)の大夫(たいふ)。楚(そ)の三戸(さんこ)の人と伝えられる。大夫種(しよう)(文種(ぶんしょう))とともに越に入り、勾践(こうせん)に仕えて重用された。紀元前494年、呉(ご)王の夫差に越が敗れてのち、苦心して時を待ち、前473年呉を滅ぼした。しかし范蠡は、覇者となった勾践のもとを辞して斉(せい)に去り、鴟夷子皮(しいしひ)と名のり、産業に努め巨富を築いた。斉の人は彼を宰相に推したが、「久しく尊名を受くるは不祥なり」と考え、資産を友人たちに分与し、交通の要衝、陶(とう)(山東省定陶県)に移住した。そこでふたたび巨富を築き、陶朱公と称した。彼は師である計然(けいぜん)の七策のうち五策で越王勾践を覇者とし、残りの二策で富を築き、在世中、三度住まいを移し、そのたびに名を表したと伝えられ、『范蠡計然』『陶朱公致富奇書』などの書名に名をとどめることになった。

范蠡 【はんれい】 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E8%8C%83%E8%A0%A1 (2013/11/05確認)
世界大百科事典 第2版
はんれい【范蠡 Fàn Lǐ】
中国,春秋時代の越王句践(こうせん)の忠臣。生没年不詳。句践を助けて呉を討ち会稽の恥をそそいだが,越が天下に覇をとなえると句践のもとを去り,海路斉に行った。彼はここで鴟夷子皮(しいしひ)と号し数千万の財をたくわえて斉の宰相となったが,散財して今度は交易の要地である陶(とう)(山東省定陶県)に行って朱公と称し,再び巨万の富を得た。しかし今度もまた,すべて貧者に分け与えてしまったという。いわば中国商人の元祖であるが,これら《史記》に見える彼の事跡には多分に後世の作為があり,伝説の域を脱しない。

デジタル大辞泉
はん‐れい 【范蠡】
中国、春秋時代末の越の忠臣。楚国苑(えん)(河南省)の人。越王勾践(こうせん)に仕えて富国強兵を図り、呉を滅ぼして会稽の恥をそそいだ。のち野に下り、陶朱公と称して巨万の富を築いたという。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国  (222 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
范蠡 はんれい
勾践 こうせん
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000140021解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!