このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139591
提供館
(Library)
札幌市中央図書館 (2210002)管理番号
(Control number)
レファ演85
事例作成日
(Creation date)
2012年11月01日登録日時
(Registration date)
2013年10月26日 13時12分更新日時
(Last update)
2014年02月08日 11時19分
質問
(Question)
よく戦争映画などで「ブラボー小隊」「ヤンキー中隊」などの部隊名が使われているが、
「ブラボー」「ヤンキー」という呼称は何なのか知りたい。
また、それに関する資料があれば読んでみたい。
回答
(Answer)
下記情報及び資料を紹介する。

フォネティックコード(Phonetic Alphabet)、国際音標文字ともいう。
「ア」は「朝日」の「ア」など、聞き間違いが起こらないようにNATO軍や航空管制でも使用されている。
アルファベット26文字全てに適用。アルファ、ブラボー、チャーリー…ヤンキー、ズールーまで。

<出典>
①『おもしろくてためになる単位と記号雑学事典』(日本実業出版社、2001)
②『最新英和軍事用語辞典』(グリーンアロー出版社、1998)
③『現行法規総覧』
④『最新ハム用語辞典』(山海堂、1993)など
回答プロセス
(Answering process)
「戦争」「部隊名」という言葉から軍事関係の参考図書をブラウジングする。

軍事用語辞典 インタープレス版』(アイピーシー、1987)
最新軍事用語集 英和/和英対訳』(日外アソシエーツ、2007)等を見てみる。

①に音声通信用語のページがあり、Phonetic Alphabet(音標字母)としてアルファベットの一覧がある。
Bがブラボーで、Yがヤンキー。
②にはPhonetic Alphabetの項があったが簡単な説明のみ。
③にもPhonetic Alphabetの項あり「無線機または電話で電信文を伝えるとき、文字を確認するために用いられる標準語句表」と説明あり。
カタカナ書きではあるがAからZまでが記載。

*の「標準語句表」を調べる
インターネットで検索語「標準語句表」として検索しても良いページがヒットせず。
「ヤンキー」と掛け合わせると「フォネティックコード、和文通話表、欧文通話表、モールス信号」という個人サイトがヒット。説明は大体同じ。

どうやら戦後、国際電気通信連合で統一されたものがあるようで、それに基づいて“無線局運用規則”の14条別表5に定められているらしい。
『現行法規総覧』五十音索引で【無線局】で検索。
81巻に無線局運用規則あり。別表5に一覧あり。
(欧文通話表という名称)ここには和文通話表も掲載あり。

改めてインターネットで「ブラボー ヤンキー 部隊名」等で検索すると、
管制官・欧文通話表・NATO・フォネティックコード・フォネティクス・無線・航空自衛隊という言葉が出てくる。
航空管制関係、無線関係の棚をあたり回答資料④に辿りつく。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国防.軍事  (390 9版)
度量衡.計量法  (609 9版)
通信工学.電気通信  (547 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
フォネティックコード
国際音標文字
Phonetic Alphabet
標準語句表
無線局運用規則
航空管制
無線
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※ウェブサイトについて(参照2013-11-8)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
係内演習 図書館
登録番号
(Registration number)
1000139591解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!