このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2012-0021
事例作成日
(Creation date)
2012/07/01登録日時
(Registration date)
2012年11月07日 02時05分更新日時
(Last update)
2012年11月07日 02時05分
質問
(Question)
琵琶湖の総合開発計画が進むなかで、昭和30年代に琵琶湖中にダムを建設しようとする計画があったそうだが、この計画が出された時期や設置予定場所、ダムの規模を知りたい。また、その図面があれば見たい。
回答
(Answer)
琵琶湖中にダムを建設しょうとする案は2回出されています。『滋賀県百科事典』によりますと、「60年(昭和35)8月琵琶湖総合開発協議会が「堅田守山締切り案」を発表、(中略)65年(昭和40)11月建設省が「湖中ダム案」を発表」とあります。しかし、『琵琶湖を考えよう』では、堅田守山締切り案が出された時期は昭和35年9月12日大津市の琵琶湖ホテルで開催された第4回協議会の席上で、「堅田-守山間に堤長一・五キロ、高さ二十四メ-トル(地中十五メ-トル、水中九メ-トル)幅十二メ-トルのセルラ-コッファ-型(井筒型)のコンクリ-トえん堤」を建設しようとするものであったとあります。また、「建設省の湖中ダム案が登場したのは三十九年九月二日。東京で開かれた県と建設省の懇談会で内示された。(中略)ちょうど同じ地点-琵琶湖大橋より約五百メ-トル北の地点に、びわ湖を締め切る水中もぐりぜきを建設する。せきの長さは一・五キロ、せきの高さはびわ湖の水位マイナス一・四キロで、水の多い時には、外からみえない。」とあります。「堅田守山締切り案」の図面は『琵琶湖を考えよう』、『淡海よ永遠に 第1・2編 総論・計画編』、『びわ湖水政問題について』に、「湖中ダム案」の図面は『琵琶湖を考えよう』に、それぞれ掲載されています。なお、滋賀県立大学人間文化学科が発行している『人間文化 第4号』に、大橋松行「琵琶湖水資源開発構想の一断面-堅田締切り案を中心に-」という論文が掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
産業政策.行政.総合開発  (601 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.631

2 琵琶湖を考えよう 滋賀日日新聞社∥編 滋賀日日新聞社 1968年 S-5180- 68 p.210-213

3 淡海よ永遠に 第1・2編 総論・計画編 近畿地方建設局琵琶湖工事事務所∥編集 水資源開発公団琵琶湖開発事業建設部∥編集 近畿地方建設局琵琶湖工事事務所 1993年 S-6080-1 p.199,201-202,459

4 人間文化 滋賀県立大学人間文化学部研究報告 通巻9号 彦根 滋賀県立大学人間文化学部 P 第4号p.38-45
キーワード
(Keywords)
琵琶湖総合開発
堅田守山締切り案
湖中ダム案
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000113787解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!