このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000241388
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-038
事例作成日
(Creation date)
2018年08月21日登録日時
(Registration date)
2018年08月29日 10時54分更新日時
(Last update)
2019年12月26日 10時34分
質問
(Question)
守邦親王の死と小川町大梅寺の関連についての資料が知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

『鎌倉将軍・執権・連署列伝』(細川重男編 日本史史料研究会監修 吉川弘文館 2015)
 p201-205「守邦親王」
 p204「『武蔵国風土記稿』には、後深草天皇の第三皇子、もしくは守邦の庶子と伝わる梅皇子と呼ばれる皇族が大梅寺(現埼玉県比企郡小川町)を建立し、永仁三年(一二九五)九月十九に薨じたとある。(中略)伝承の内容はきわめて曖昧であり、にわかに信じがたい説ではある」とあり。

『新編武蔵風土記稿 [第4期]第10巻 大日本地誌大系 16』(蘆田伊人編集校訂 雄山閣 1996)
 p8「大塚村」の「大梅寺」に「建治二年後深草院第三皇子、梅皇子の建立し、永仁三年薨じ玉ひしを、当寺に葬りて」とあり。

『小川町の歴史 別編 民俗編』(小川町編 小川町 2001)
 p520「大梅寺」
寺伝として「鎌倉幕府の滅亡により、最後の将軍であった守邦親王が難を避けてこの地に逃れ来て、慈光寺や上古寺の東王寺に仮寓したのち、猿尾氏の援助によって梅岑寺に移って再挙を謀ったものの、病を得てなくなり、大梅寺の住職円了によって手厚く葬られたという話も伝えている」とあり。『新編武蔵国風土記稿』説も記載あり。

『埼玉宗教名鑑』(産報通信社出版局編 埼玉新聞社 1978)
 p353「大梅寺(曹洞宗)」
 「後深草天皇の第3皇子梅皇子の開基」との記述あり。

大塚仲太郎「守邦親王に関する文書」(『埼玉史談(旧版)2-5』p336-338 埼玉郷土会 1931.5)
 「新編武蔵風土記稿」「大梅寺中興四世天和和尚の手記」「兵家茶話」「小川町旧家久保大澤  両家の古文書」「武蔵志」「勤進録」を引用し、p338で「思ふに守邦親王は正慶中当地に下向し、八幡神社を勧請し、薨去の時は大梅寺にて葬りしものの如し」としている。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈守邦親王〉で検索する。

2 町史を確認する。

3 埼玉県内の寺院に関する資料を調査する。

4 埼玉関係雑誌記事索引を〈守邦親王〉で検索する。
大塚仲太郎「守邦親王に関する文書」(『埼玉史談(旧版)2-5』p336-338 埼玉郷土会 1931.5)
 
5 4の資料「守邦親王に関する文書」で引用された『新編武蔵風土記稿 [第4期]第10巻 大日本地誌大系 16』(蘆田伊人 雄山閣 1996)を調べる。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2018年08月21日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『鎌倉将軍・執権・連署列伝』(細川重男編 日本史史料研究会監修 吉川弘文館 2015), ISBN 9784642082860
『新編武蔵風土記稿 [第4期]第10巻 大日本地誌大系 16』(蘆田伊人編集校訂 雄山閣 1996), ISBN 4-639-00017-0
『小川町の歴史 別編 民俗編』(小川町編 小川町 2001)
『埼玉宗教名鑑』(産報通信社出版局編 埼玉新聞社 1978)
『埼玉史談(旧版) 2-5』(埼玉郷土会 1931)
キーワード
(Keywords)
小川町-埼玉県
大梅寺(小川町)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000241388解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!