このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000240197
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2018-05-001
事例作成日
(Creation date)
2018年5月4日登録日時
(Registration date)
2018年08月05日 12時40分更新日時
(Last update)
2020年01月07日 13時40分
質問
(Question)
島根県内の図書館における明治・大正時代の地域資料の所蔵状況について、参考になる資料を紹介してほしい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、下記資料を紹介し回答。

資料の所蔵館は、図書館および学校などの公設機関所在のものについて解説する。
内容は、大項目として図書、文林、書叢、文庫に分かれている。

①図書-NDC分類で分けられており、初めに分類ごとの目次があり、各資料について書誌(書名、編著者、出版者、大きさ、ページ数、内容、所在)が載せられている。「はしがき」によると、紹介する図書は「図書館、学校等にある県関係図書で、誰でも容易に購読できる範囲」のものを選んだとする。

②文林-人物紹介。五十音順で芥川龍之介から森鴎外まで紹介。名前・名前よみ・生年・代表作など。「はしがき」によると、文士俳人88人が眺めた島根観を紹介するとしている。

③書叢-著者ごとの主要な著作を紹介。「はしがき」によると、代表的県人20人の著書を紹介するとしている。

④文庫-県内の主要な6文庫の所蔵館、冊数等。別記として「鴎外文庫」と「ヘルン文庫」を載せ、文庫の資料も紹介。

⑤附録-付録として検地帳を載せる。出雲国検地帳として広島大学所蔵分、出雲市立図書館所蔵分、恩田清氏調査(公民館等所蔵分)のもの。石見国隠岐国検地帳として島根県庁蔵郷土資料目録(島根県史編纂当時所在のもの)に載るものを紹介。「はじがき」によると検地帳は「近世村落の構造を明らかにし、また経済地理研究の根本資料として貴重な価値をもつ」としている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書.書誌学  (020 8版)
参考資料
(Reference materials)
伊藤 菊之輔/編 , 伊藤‖菊之輔. 島根県関係図書解題事典. 国書刊行会, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000032301-00  (当館請求記号 郷貸出025/113)
キーワード
(Keywords)
郷土資料
図書解題
島根県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000240197解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!