このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県白石高等学校図書館 (5100010)管理番号
(Control number)
宮城県白石高-2015-35
事例作成日
(Creation date)
2015年06月09日登録日時
(Registration date)
2015年11月12日 13時29分更新日時
(Last update)
2015年11月21日 18時21分
質問
(Question)
成人になるまで酒やたばこがダメな根拠を知りたい。
回答
(Answer)
根拠は,それぞれ法に定めがあるからです。
回答プロセス
(Answering process)
調査資料1のp1544に成人の項があり以下の記載があります。
「1 幼い者が成長すること。また,その人。
2 成年に達すること。また,その人。おとな。
現在,日本では男女とも満二〇歳以上をいう。」
また同資料のp1551に成年の項があり以下の記載があります。
「人が成長して完全な行為能力を有するに至る年齢。
日本の民法上は満二〇歳。ただし,天皇・皇太子・皇太孫
は満十八歳。」

調査資料2のp397-399に成年の項があり,以下の記載があります。
「[法律上の成年]民法で用いられる概念であって,法律行為を単独で有効に
行うことができる最低限の年齢をいう。日本では満20年をもって成年と
されている(民法3条)。」なお,この項目の執筆者は栗田哲男となっている。

調査資料3のp3050に民法上の成年の項があり以下の記載があります。
「第四条 年齢二十歳をもって,成年とする。」
また同資料のp3947に未成年者飲酒禁止法,未成年者喫煙禁止法があり,
日本においては未成年者の飲酒・喫煙を国として禁じ,未成年者と知りながら
酒やたばこを販売した者には罰則や処罰規定が定められている。
事前調査事項
(Preliminary research)
民法の条文には,婚姻などの規定はあるが,お酒やたばこについては規定がないらしい。
本当に禁止なのか?それぞれの業界の努力目標とかではないのか?
NDC
法律  (320 9版)
参考資料
(Reference materials)
調査資料1 広辞苑 第六版 岩波書店 2009
調査資料2 世界大百科事典15 平凡社 2007
調査資料3 六法全書 平成17年版 有斐閣 2005
キーワード
(Keywords)
民法
成年
成人
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
アルコールやニコチンが身体に及ぼす影響についても回答できると
良かったが,根拠については法によるとしたもの。
(回答時のレファレンスメモより)

調査資料2,3において民法上の成年に達する年齢についての条番号が
異なることについて,下記資料を参照するように勧めた。

改正民法の解説 吉田徹,筒井健夫/編 商事法務 2005

上記資料には平成16年度秋の第161国会において民法の一部が改正され,
平成17年4月1日から施行されたこと,その内容は保証制度に関する改正と
第一編から第三編までの表記を平仮名・口語体に改める等の民法の現代語化を
行ったものであることが記されている。
p129-131に条番号等の整序の項があり,p130脚注の(注24)に以下の記載がある。
「条番号に変更が生じた条文には,第1条ノ2,第1条ノ3,第2条から第4条まで,
(後略)」
調査資料2において条番号が改正前の表記であることについては,理由がはっきり
しないが,執筆者の栗田哲男が平成5年に他界していることなどから,この項に
関しては改正前に記述されたものではないかと考えられる。
栗田哲男氏略歴

調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000183653解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!