このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000112949
提供館
(Library)
神奈川県学校図書館員研究会 (5000008)管理番号
(Control number)
4412-2012-004
事例作成日
(Creation date)
2012年10月03日登録日時
(Registration date)
2012年10月24日 15時20分更新日時
(Last update)
2013年11月19日 14時57分
質問
(Question)
アイヌ、沖縄、アボリジニ、ネイティブアメリカンの言語同化政策についてわかる資料がほしい。
回答
(Answer)
以下の資料を提供。

『北海道の歴史60話』木村尚俊 [ほか] 編 三省堂 1996年
『世界の民族・人種関係事典』エリス・キャッシュモア編著 明石書店 2000年
『世界民族問題事典』松原正毅編集代表, NIRA編 平凡社 1995年
『アイヌの世界 ヤイユーカラの森から』計良光範著 明石書店 1995年
『高等学校琉球・沖縄史 2001新訂・増補版』新城俊昭著 東洋企画 2001年
『オセアニアを知る事典 新版』小林泉 [ほか] 監修 平凡社 2010年
『21世紀の人権』神奈川人権センター編集 日本評論社 2011年
『これならわかるオーストラリア・ニュージーランドの歴史Q&A』石出法太[ほか]著 大月書店 2009年
『多文化国家の先住民 オーストラリア・アボリジニの現在』小山修三、窪田幸子編 世界思想社 2002年
『「先住民」とはだれか』窪田幸子、野林厚志編 世界思想社 2009年
『シティズンシップと多文化国家 オーストラリアから読み解く』飯笹佐代子著 日本経済評論社 2007年
『オーストラリア"盗まれた世代"判決とジェノサイド』榎澤幸広『工学院大学共通課程研究論叢』44(1), p45-59, 2006-10-31
回答プロセス
(Answering process)
英語の教科書に、アボリジニ、ネイティブアメリカン、アイヌの言語同化政策について書かれた章がある。この問題について生徒に考えてほしいので、理解が深まるような資料を紹介したい。沖縄の言語同化政策についても、資料があればほしい、との要望。

所蔵している資料から数冊を紹介。

アボリジニの「盗まれた世代」に関する資料が少なかったため、ネットで検索したところ
『これならわかるオーストラリア・ニュージーランドの歴史Q&A』石出法太[ほか]著 大月書店 2009年
に必要な情報が載っているかもしれないとわかり、
神奈川県立図書館の総合目録(神奈川県立高校のみ利用可能)を検索すると、この資料を所蔵している県立高校があったため、
問い合わせたところ、「盗まれた世代」に関する記述があることがわかったので借用(後日購入)。

神奈川県立図書館にレファレンスを依頼し、「盗まれた世代」に言及されている資料を借用。
事前調査事項
(Preliminary research)
ネットではある程度調べたとのこと。
映画「裸足の1500マイル」のことは知っている。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
英語科教員
登録番号
(Registration number)
1000112949解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!