このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
熊本大学附属図書館 (3110045)管理番号
(Control number)
2014C007
事例作成日
(Creation date)
2015年03月09日登録日時
(Registration date)
2015年03月10日 11時10分更新日時
(Last update)
2015年03月10日 17時05分
質問
(Question)
豊後国熊本領の現在の所属県について教えてください。
回答
(Answer)
1.『熊本県大百科事典』(熊本日日新聞社 1982)

p.738「細川藩」の項に

”肥後加藤家旧領(肥後国中の球磨、天草両郡を除き、
 豊後国 直入、大分、海部三郡の2万3000余石を加える)表高54万余石”

2.『大分の歴史(5)小藩の分立 近世Ⅰ』(大分合同新聞社 1977)

p.148(三)肥後領飛地 の項に

”肥後藩飛地が豊後国内には大分郡、海部郡、直入郡の三郡内に散在していた。
その内訳は大分郡三十九ヵ村、海部郡二十二ヶ村、直入郡は久住村と白丹村のニヶ村の計三郡六十三ヶ村で、
石高は二万百八石(寛永期)(慶安期には三万三千石余)”

その後、大分郡、海部郡の村々の名前が記載されています。

3.上記資料中に掲載されている「他国領飛地分布図」

p.146に地図の中に熊本領も記載されています。

4.『大分県の歴史(新版 県史シリーズ44)』(山川出版社 1997)

付録p.20 沿革表に
「1. 国・郡沿革表」が掲載されており、推移がわかります

天保郷帳(江戸時代)→ 明治11年 → 現在(2004.8現在)
・大分 ------------> 大分  -------> 大分郡、大分市
・海部 ------------> 北海部  -----> 大分郡、大分市
                     北海部郡、臼杵市・津久見市
                     南海部  -----> 南海部郡、佐伯市
・直入 -------------> 直入  ------> 直入郡、竹田市

肥後藩の飛地は、「1」から直入、大分、海部(各村の名称は「2」に記載あり)の3郡であり、
「3」の分布図を見てわかるように、現在の県の中央部分にありました。
この3郡は、現在(2004.8現在)全て大分県に含まれています(「4」の推移表を参照)

以上から、ご質問にあった所属県は、大分県となります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
豊後国之内熊本領物産帳 広辞苑 日本地図帳
NDC
九州地方  (219)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
熊本日日新聞社熊本県大百科事典編集委員会 編 , 熊本日日新聞社. 熊本県大百科事典. 熊本日日新聞社, 1982.
http://opsearch.lib.kumamoto-u.ac.jp/recordID/catalog.bib/BN0163868X  (中央館・参考、中央館・第3閲覧室 219.4/Ku,34)
後藤重巳 著 , 豊田寛三 著. 小藩の分立. 大分合同新聞社, 1977. (大分の歴史 ; 第5巻 近世 1)
http://opsearch.lib.kumamoto-u.ac.jp/recordID/catalog.bib/BN03120911  (中央館・書庫(図書) 219.5/O,34/(5))
渡辺澄夫 著 , 渡辺, 澄夫. 大分県の歴史. 山川出版社, 1971. (県史シリーズ ; 44)
http://opsearch.lib.kumamoto-u.ac.jp/recordID/catalog.bib/BN02476095  (中央館・一般 210.08/Ke,51/(44))
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000168802解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!