このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
香芝市民図書館 (2310278)管理番号
(Control number)
香芝20160424
事例作成日
(Creation date)
2016年04月24日登録日時
(Registration date)
2017年03月30日 10時41分更新日時
(Last update)
2017年06月07日 14時15分
質問
(Question)
NHK大河ドラマ「真田丸」に関連して、市内の峠「関屋峠」「田尻峠」についての下記の質問。
①大坂夏の陣に際し、徳川軍が奈良側から大阪の河内(現柏原市)に至るためにとったルートはどれか。
②峠についての詳しい説明
③現在の峠へのアクセス
回答
(Answer)
①詳しい記述はどの資料を当たっても、見つけることができなかったが、参考資料『敗者の日本史13 大坂の陣と豊臣秀頼』によると大坂夏の陣、道明寺口の戦いについて次の記述がある。「(前略)奈良を発ち、大和と河内の国境である関屋(現奈良県香芝市)や亀の瀬の二峠を越えて、河内の国分(現大阪府柏原市)付近に着陣した。」(P.206)この資料によると関屋峠を通ったとみられる。
また、質問にあった「田尻峠」の整備は明治13年からとの記述が参考資料にあるが、田尻越えとして古くから使用されていたようだ(参考資料『奈良県文化財調査報告第43集 竹内街道(二上山麓の道)』)。
併せて、博物館職員からの回答「徳川軍の軍事機密に当たるため、おそらく文献には残らないだろう」とお伝えする。
②旧街道については、『奈良県文化財調査報告第43集 竹内街道(二上山麓の道)』に詳しく記述がある。

③現在の峠へのアクセスについて、「関屋峠」へは参考資料『香芝市文化財観光ガイドマップ』に香芝市内の文化財を巡るモデルコース「Eコース ~明神山への道~」ということで紹介されている。また、明神山ハイキングコースになっているようだ。「田尻峠」は、現在は国道165号線として、大阪に抜ける主要道路になっていることを紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
当市博物館職員にも問い合わせし、参考資料や参考意見を伺う。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
日本史  (210)
交通史.事情  (682)
参考資料
(Reference materials)
曽根, 勇二 , 曽根, 勇二. 大坂の陣と豊臣秀頼. 吉川弘文館, 2013. (敗者の日本史)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I047542037-00 , ISBN 9784642064590
香芝町(奈良県) , 香芝町(奈良県). 香芝町史 [本編]. 香芝町, 1976.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I045399735-00
二上村教育委員会 (奈良県). 二上村史. 二上村教育委員会, 1956.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001386145-00
奈良県教育委員会. 奈良県文化財調査報告 第43集. 奈良県教育委員会, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001703504-00
服部英雄, 磯村幸男 編 , 服部, 英雄, 1949- , 磯村, 幸男, 1948- , 奈良県教育委員会. 歴史の道調査報告書集成 4. 海路書院, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007939645-00 , ISBN 4902796368
キーワード
(Keywords)
街道
古道
大坂夏の陣
照会先
(Institution or person inquired for advice)
香芝市二上山博物館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
大阪と奈良を結ぶ旧街道については、
『大阪の街道と道標 改訂版』武藤善一郎著、1999年
などの大阪⇒奈良への幾つものルートを実際に辿って行った資料もある。
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000213539解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!