このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006154
事例作成日
(Creation date)
2009年11月07日登録日時
(Registration date)
2011年09月13日 11時30分更新日時
(Last update)
2011年11月01日 15時20分
質問
(Question)
「甲府勝手小普請」とは、どのような仕事をしたのか。
回答
(Answer)
『山梨県史』通史編3 近世(山梨県編集 山梨日日新聞社 2006年)、『甲府市史』通史編 第2巻 近世(甲府市市史編さん委員会編集 甲府市 1992年)によると、「甲府勝手小普請」は不良旗本・御家人への懲罰処分の一種で、明確な職務(役)は与えられていなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1.次のものには掲載がなかった。
・『山梨百科事典』(山梨日日新聞社編・発行 1989年)
・『甲府城総合調査報告書』(甲府城総合学術調査団編 山梨県教育委員会 1969年)

2.県史、市史等を調査。
・『山梨県史』通史編3 近世(山梨県編集 山梨日日新聞社 2006年)→第1章「近世甲斐の領主支配の変遷」第5節「甲府勤番支配の成立と展開」のp106-108に「甲府勝手小普請の新設」という項目がある。p108には「甲府勝手小普請を命ぜられて甲府に移住してきた「小普請」は、甲府勤番士のように、甲府城下の守衛に当たるといった任務があるわけではなく、無役の小普請のままなのである」「…普段は小普請金を納めるだけの無役の小普請であった…」などの記述がある。
・『甲府市史』通史編 第2巻 近世(甲府市市史編さん委員会編集 甲府市 1992年)→第1章「支配の移り変わり」第5節「甲府勤番支配と代官行政」に「甲府勤番の場内・城下支配」の考がある。p261には「…勝手小普請は追手・山手両支配の下に配されても、明確な職務-役は与えられていない」とある。

3.一般資料を調査。
・『江戸役人役職大事典』(新人物往来社編・発行 1995年)→p254-257「甲府勤番支配」の項があり、甲府勝手小普請についても記述がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
法制史  (322 9版)
参考資料
(Reference materials)
『山梨県史』通史編3 近世(山梨県編集 山梨日日新聞社 2006年) (p106-108)
『甲府市史』通史編 第2巻 近世(甲府市市史編さん委員会編集 甲府市 1992年) (p260-261)
キーワード
(Keywords)
甲府勝手小普請
甲府勤番
江戸時代
役職
山流し
山梨県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『山梨県史』通史編3 近世(山梨県編集 山梨日日新聞社 2006年)によると、寛政改革では幕臣団の中から有能な人材の発掘・登用を積極的に行ったが、登用試験に合格しないと出世の道も開かれなかった。そしてその一方で不良旗本・御家人は甲府や駿府に移す処置がとられ、この方策のもとに制度化されたのが甲府勝手小普請だった。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土(近世(江戸時代))
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000090983解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!