このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 18-0044
事例作成日
(Creation date)
2018/01/19登録日時
(Registration date)
2019年02月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月09日 00時30分
質問
(Question)
平安時代、五畿七道の次の三つの地域名について、当時どう読まれていたか。

1 東海道
2 中山道
3 北陸道
回答
(Answer)
●五畿七道について
・『日本地図地名事典』p535、536“五畿七道”
古代律令制下の地方行政区画 大和(やまと)・山城(やましろ)・河内(かわち)・摂津(せっつ)・和泉(いずみ)の5国を畿内(きない)、他の諸国を東海(とうかい)・東山(とうさん)・北陸(ほくろく、のち ほくりく)・山陰・山陽・南海・西海(さいかい)の7道(地方)に分け、都より諸道へ向かう道が通じた。東海道・山陽道などの地方称が街道をさす呼称となった。1868(明1)北海道が加わり、五畿八道ともいう。

1 東海道
→ うめつみち
・『国史大辞典 第10巻 と-にそ』p32“東海道(とうかいどう)”の項
古代の行政区画である五畿七道のうちの七道の一つ。大和時代には東海(うめつみち)として、東山道(あずまのやまみち)とともに、東国経営の交通路とされた。
・『交通』p35”ヤマトタケルのみち”
東海道は古くは、「やまつみち」の東山道に対して、「うみつみち」と呼ばれた。
・『東北の街道』p8“古代の道 城柵を結ぶ道と蝦夷の道”の項
東北とかかわりのある古い道として東山道(あずまのやまみち)と東海道(うめつみち)がある。六世紀頃から東国に至る道として開かれてきた道である。山間を通り東国に達しさらに蝦夷に至らんとする東山道と、海岸部を通り東国に至る東海道である。共に国土の地形の制約のもとごく自然に開かれてきたのである。やがて律令国家の官道として整備された。官道は今の国道に相当するといえようが、大路(たいろ)の山陽道、中路(ちゅうろ)の東海道(とうかいどう)・東山道(とうさんどう)、小路(しょうろ)の北陸道・山陰道・南海道・西海道の七道である(後略)。

2 中山道
→ とうさんどう
・『国史大辞典 第10巻 と-にそ』p597”中山道(なかせんどう)”の項
近世の街道名で、五街道の一つ。。江戸日本橋より京都に至る街道であるが、最後の草津・大津の二宿は東海道と重なる。中仙道とも書いたが、享保元年(1716)に江戸幕府は、東山道のうちの中筋の道であるから、古来より中山道と称しているとし、東山道・山陽道などの「山」はセンと読んだと説明している。
・『歴史考古学大辞典』p865“中山道(なかせんどう)”の項
江戸から武蔵・上野・信濃・美濃・近江国を経て京都に至る江戸時代の主要街道。中仙道とも書いたが、幕府は1716年(享保元)にこの街道は古代の中山道(とうさんどう)の中道であったので中山道とすべきであるとした。
・『日本地図地名事典』p885”なかせんどう 中山道”の項
江戸時代の五街道の一。京都と江戸を結ぶ内陸路。【別綴】中仙道。【古称】東山道(とうさんどう、近世以前の称)
・『角川日本地名大辞典 20 長野県』p868“中山道(なかせんどう)”の項
名称ははじめ中仙道であったが、東山道のうちの中筋の道ということで、享保元年から中山道と改めた。
・『角川日本地名大辞典23 愛知県』p841“中山道(なかせんどう)”の項
山の中を通ることから中山道といった。当初は中仙道と書かれたが、正徳6年に改められた。
・『日本地図地名事典』p943“中山道(なかせんどう)”の項
江戸時代の五街道(東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道)の一つ。板橋(東京都板橋区)から上州(群馬県)、信州(長野県)の山間部を経て、近江(滋賀県)の草津(草津市)で東海道に合流する。中世以前には東山道(とうさんどう)とよばれた。東海道と並ぶ要道で、1716年江戸幕府の命により中仙道を中山道と改め、公的には中山道に統一されるが、民間ではその後も中仙道と書いたり、木曽街道とよんだりした。

3 北陸道
→ ほくろくどう、きたのみち、くるがのみち、くぬがのみち
・『日本史大事典 6 へ?わ』p147“北陸道(ほくりくどう)”の項
古代の七道(五畿七道)のひとつ。畿内北方の若狭湾から日本海沿岸を北に向かう交通路。陸路の意味合いから「くぬがのみち」とも呼ばれた。
・『日本地名百科事典』p1185“北陸街道(ほくりくかいどう)【滋賀県ー新潟県】”の項
古代官道の一つである北陸道(ほくろくどう)を前身とし、現国道8号にほぼ相当する。
・『日本歴史地名大系 第15巻 新潟県の地名』p23“北陸道(ほくりくどう)”
都から佐渡国の国府に通じる古代の官道。「ほくろくどう」「きたのみち」「くるがのみち」ともよばれた。
・『角川日本地名大辞典 16 富山県』p787“北陸道(ほくりくどう)”の項
地方区分線と街道名の2様に用いられた。古くは「ほくろくどう」ともいう。地方行政区画の五畿七道の一つ。(中略)はじめ北部の日本海沿岸地方を高志(越、こし)といい、これは高志道(越路)とも称した。(中略)高志(越)が自然発生的な名称と思われるのに対し、北陸・北陸道は中央政府からの命名、律令制的な名称である。北陸道の古訓は「日本書紀」ではクヌガノミチ、または訛ってクルガノミチとするのは陸路の意味をもつ。これは高志地方への交通は、はじめ海路をとったが、のち陸路が開かれたため、海道に対して陸道と称し、クヌガノミチの起こりと考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 国史大辞典 第10巻 と-にそ 国史大辞典編集委員会∥編 吉川弘文館 1989.9 210.03/KO/10

2 日本史大事典 6 へ?わ 平凡社 1994.2 210.03/NI/6

3 国史大辞典 第10巻 と-にそ 国史大辞典編集委員会∥編 吉川弘文館 1989.9 210.03/KO/10

4 歴史考古学大辞典 小野/正敏?編 佐藤/信?編 吉川弘文館 2007.3 210.03/R

5 日本地名百科事典 小学館 1998.6 291.03/NI

6 交通 荒井/秀規?[ほか]編 東京堂出版 2001.6 682.1/KO

7 日本地図地名事典 三省堂編修所∥編 三省堂 1991.9 291.03/NI

8 東北の街道 無明舎出版(制作) 1998.7 682.1/TO

9 日本歴史地名大系 第15巻 新潟県の地名 平凡社 1986.7 291.03/NI/15

10 角川日本地名大辞典 20 長野県 「角川日本地名大辞典」編纂委員会?編 角川書店 1990.7 291.03/KA/20

11 角川日本地名大辞典 23 愛知県 「角川日本地名大辞典」編纂委員会∥編纂 角川書店 1989.3 291.03/KA/23

12 角川日本地名大辞典 16 富山県 「角川日本地名大辞典」編纂委員会∥編 角川書店 1979.10 291.03/KA/16

13 日本地図地名事典 三省堂編修所∥編 三省堂 1991.9 291.03/NI

1 事典日本古代の道と駅 木下/良?著 吉川弘文館 2009.3 682.1/J
キーワード
(Keywords)
五畿七道
東海道
中山道
北陸道
読み
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000251553解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!