このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00433
事例作成日
(Creation date)
2012年8月11日登録日時
(Registration date)
2012年11月23日 16時57分更新日時
(Last update)
2013年05月09日 11時56分
質問
(Question)
明治期の台湾で使われていた、人を運ぶカゴについて、「細い道でも通れるように、4人が1列になって持ちあげられるようなつくりのカゴ」があったようだ。
これについて手がかりになる写真やイラスト、文章が見たい。
回答
(Answer)
台湾のカゴについて記述がある資料は見つからなかったが、日本や時代は異なるが賀籠に関する資料は見つかったので、以下の資料を紹介した。

『駕籠 ものと人間の文化史』 櫻井 芳昭/著 法政大学出版局 2007
p.6に、「二人がこれを担ぐのですが、道程が長ければ四人で担当します(ただしこれは輿について)」と記述あり。
p.52に、四ツ手賀籠について、「担ぎ棒は丸棒で二人担ぎ、急ぐときは三~四人に増員して交替する」と記述あり。
p.57に、仕様と大きさについて、「大型は(略)四~六人で担ぐ高級仕様の賀籠である」と記述あり。
p.86に、「四人担ぎの山賀籠」という記述あり。
p.121に、「一本の担ぎ棒を二人から十二人までが肩に担いで人を運ぶ」と記述あり。
p.147およびp.205に、「四人担ぎの打指(打揚)賀籠」という記述あり。
図では、p.129(図43)、p.138(図47)、p.151(図49)、p.203(図65)、p.204(図66)などでは、4人が1列になって運んでいるような絵になっている。ただし、これらは明治期のものではない。

『江戸の旅と交通』 竹内 誠/監修 学研 2003
p.88に「賀籠を担ぐ人足数は「権門賀籠」が4人」とあり。p.91に図あり。ただし江戸時代の説明になる。

『国史大辞典 3』 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1983
p.225~226の賀籠の項で、「賀籠をかつぐ人足は、権門賀籠は四人、留守居賀籠は三人から四人、以下の賀籠は二人であるが、行する際に、三、四人が交替して付随する場合もある。」という記述があり、図も載っている。
同様の記述が『日本交通史辞典』(丸山 雍成/編 吉川弘文館 2003)p.189にもあり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
賀籠
台湾
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000114666解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決