このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20160322-1
事例作成日
(Creation date)
2016年03月22日登録日時
(Registration date)
2016年03月22日 18時02分更新日時
(Last update)
2016年12月21日 17時58分
質問
(Question)
昭和21(1946)年後半から22(1947)年にかけて用いられた言葉、「3月危機」について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に解説、関連した内容があった。

【資料1】
日本近代史辞典 / 京都大学文学部国史研究室編 . - 東京 : 東洋経済新報社 , 1958.11
本館請求記号:210.6033 - N77 
p.225に、「3月危機」の項目があり(1)(2)の解説があった。(2)は、1948年のドッジ・ラインの影響によるもの。
(1)に、1946(昭和21)年末から「電力・燃料不足による繰業短縮、労働攻勢、インフレの激化、食糧の欠乏」「財産税の徴収などの悪条件のため」、「数百万人の餓死者が出るのでは」と3月危機として案ぜられたが、実際にはそのような破局は現れなかった、と説明されていた。

【資料2】
時事年鑑 . - 東京 : 時事新報社 , 1918-1994 昭和22年版 本館請求記号:059.1 - J49 - 1947
 【資料1】が【資料2】を参考文献としてあげており、経済状況の詳細が述べられている。
  ただし、文章などから、参照したのは【資料3】の誤りと思われる。  
p.225-281 記録篇 経済
(国立国会図書館デジタルコレクション 図書館送信参加館内公開)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3018591 (2016/03/23 確認)


【資料3】
時事年鑑 . - 東京 : 時事新報社 , 1918-1994 昭和23年版 本館請求記号:059.1 - J49 - 1948
p.235-236 「三月危機の問題」(記録篇 財政・経済 産業の再建)
「三月危機説」「経済危機の要因と実態」「三月以後」として、統計数値などを用いて詳しい解説があった。
(国立国会図書館デジタルコレクション 図書館送信参加館内公開)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123543  (2016/03/23 確認)

【資料4】
昭和経済史への証言.下 / 安藤良雄編著 . - 東京 : 毎日新聞社 , 1966.8 
本館請求記号:332.107 - A47 - 下  
p.280-282 三月危機説 占領下の経済政策「経済再建と傾斜生産」(語る人 有沢広巳 大来佐武郎)
有沢広巳が商工省の研究会で、「三月危機」という言葉を使ったが、いつの間にか研究会以外でも流布され、「三月危機説」として使われた、との記載があった。
回答プロセス
(Answering process)
<当時の新聞による検索>
朝日新聞(聞蔵Ⅱビジュアル)、読売新聞(ヨミダス)の検索をおこない、当時の新聞記事を確認した。
「3月危機」は、様々な年代、意味で用いられたようであるが、該当する「3月危機」については、以下のような記事があった。

読売新聞
1946.12.31 蔵相の抱負と見透し 3月危機突破に確信 歳入が不足すれば緊縮財政 朝刊 行政 1面
1947.01.29 宙に浮く総合対策 政局を反映し大幅修正は不可避/経済3月危機 朝刊 行政 1面

朝日新聞
1947年1月19日 朝刊 1頁 東京 1段 記事 37頁 見出し 電力飢きんと三月危機_社説 (主要キーワード 石炭不足)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経済史.事情.経済体制  (332)
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
三月危機
3月危機
経済危機
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000189720解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!