このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-2D-200705-01
事例作成日
(Creation date)
2007/05/17登録日時
(Registration date)
2007年10月25日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年04月21日 17時05分
質問
(Question)
豚肉の関東・関西別消費量(昭和39年以降)を知りたい。
回答
(Answer)
「家計調査年報」平成17年版 p.333~に、牛肉・豚肉の地域別購入量あり。(昭和39年以降 当館所蔵)
総務省ホームページ「How to 統計」(高校生用学習サイト)「統計データの使い方事例集」に、
「消費の地域差《東西食べ物対決》(1) 牛肉?豚肉? 」の項あり、併せてご案内する。
沖縄を除いて西日本では、相対的に牛肉の割合が高く、東日本では豚肉の割合が高いことが、地図を使ってわかりやすく紹介されている。
(元になっているデータは「家計調査年報」)
回答プロセス
(Answering process)
家計に関する統計と考え、「家計調査年報」を調査。
あわせて、インターネットの政府関係情報を調査し、総務省ホームページ「How to 統計」に関連項目を発見した。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者は総務省にも問い合わせたが分からなかったとのこと。
NDC
金融.銀行.信託  (338 9版)
参考資料
(Reference materials)
『家計調査年報 家計収支編』 総務省統計局編 日本統計協会
総務省ホームページ「How to 統計」(高校生用学習サイト)「統計データの使い方事例集」「消費の地域差《東西食べ物対決》(1) 牛肉?豚肉? 」 http://www.stat.go.jp/howto/case6/01.htm  (2008.11.6確認)
キーワード
(Keywords)
豚肉
統計
消費量
家計調査年報
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
統計
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000038371解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!