このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鳥取県立図書館 (2110007)管理番号
(Control number)
鳥県図20170007
事例作成日
(Creation date)
2017年09月27日登録日時
(Registration date)
2017年09月27日 17時13分更新日時
(Last update)
2018年03月08日 14時27分
質問
(Question)
鳥取県の起業率を知りたい
回答
(Answer)
『中小企業白書2017年版』に都道府県別開廃業率あり。統計を用いて算出する場合は『中小企業白書 2011年版』に算出方法の定義を参照のこと。また、地域経済分析システムRESASでは鳥取県の創業比率をグラフにして表示できる。
回答プロセス
(Answering process)
・『中小企業白書 2017年版』には都道府県別の開業率があり。
 中小企業庁のホームページで全文公開されている。
  http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H29/PDF/h29_pdf_mokujityuu.html
 「第1部 平成28年度(2016年度)の中小企業の動向」の「第2章:中小企業のライフサイクルと生産性」に開業率のグラフあり。
  ➡ 「第1-2-10図 都道府県別開廃業率(2015年度)」 巻末に図表索引があり、探している図表を探すには便利。
 
 出典を見ると、厚生労働省「平成27年度雇用保険事業年報」とある。
 算出方法は「開業率=当該年度に雇用関係が新規に成立した事業所数/前年度平均の適用事業所数×100」とある。
 雇用保険事業年報は厚生労働省のホームページで全文公開されている。 http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken02/all.html

・『中小企業白書 2011年版』には開業率の算出方法あり。
 「第3部 経済成長を実現する中小企業」>「第1章 経済成長の源泉たる中小企業」>「第1節 我が国の起業の実態」
 「第3-1-1図 開廃業率の算出方法」あり。
 上記の厚生労働省「雇用保険事業年報」の他、総務省「経済センサス基礎調査」による算出方法等が紹介されている。統計の特徴(対象数、開業率の定義など)を比較した表も掲載されている。
 
 (参考)経済センサス基礎調査の場合  http://www.stat.go.jp/data/e-census/index.htm
   開業率=年平均開業企業(事業所)数/期首の企業(事業所)数×100とある。

・地域経済分析システムRESAS(経済産業省、内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局))
  https://resas.go.jp/#/13/13101
 メイン > 企業活動マップ > 企業情報 > 創業比率
 都道府県別で指定することができ、鳥取県を選択(ほかに市町村別のデータも指定可能)。
 経年の変化をグラフで表示できる(全国平均との比較)。全国の都道府県でのランキングも表示される。
 データは総務省「事業所・企業統計調査」「経済センサス-基本調査」「経済センサスー活動調査」より算出されている。

※インターネットへの最終アクセスは2017年9月27日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
企業.経営  (335 8版)
参考資料
(Reference materials)
中小企業庁/編. 中小企業白書 2017. 日経印刷, 2017-06.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I075685101-00 , ISBN 9784865790801
中小企業白書 2011年版. 中小企業庁, 2011-07-01.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000040-I000126382-00
キーワード
(Keywords)
起業率
開業率
創業比率
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000222467解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!