このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-2D-200711-01
事例作成日
(Creation date)
2007/12/23登録日時
(Registration date)
2008年10月26日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年04月21日 17時18分
質問
(Question)
消費者金融で融資を受けた場合、返済が遅れたときに支払う割合はどれぐらいか。利息制限法が2007年に改正された後の率が知りたい。
回答
(Answer)
利息制限法(最終改正:平成一八年一二月二〇日法律第一一五号)の条文を確認。
第一条
元本が十万円未満の場合          年二割
元本が十万円以上百万円未満の場合   年一割八分
元本が百万円以上の場合          年一割五分
第四条
「不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が第一条第一項に規定する率の一・四六倍を超えるときは、その超過部分につき無効とする。」とあり。
上記、記載により、①20×1.46=年利29.2% ②18×1.46=年利26.28% ③15×1.46=21.9%となる。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館所蔵の下記関連資料を見ると、上限金利についての記載はあり。
  ・「改正貸金業法等段階施行条文集」(商事法務)
  ・「過払金返還請求への対応-オリコの実務対応より」(金融財政事情研究会)
  ・「Q&A改正貸金業法・出資法・利息制限法解説」(三省堂)
  ・「改正貸金業法Q&A-内閣府令に基づく実務対応まで解説-」(銀行研修社)

2.法令データ提供システムで、「利息制限法」条文を確認。
   http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi  (2008.10.25確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金融.銀行.信託  (338 9版)
参考資料
(Reference materials)
法令データ提供システム http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi  (2008.10.25確認)
キーワード
(Keywords)
消費者金融
遅延損害金
利息制限法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000048451解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!