このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-2D-200604-01
事例作成日
(Creation date)
2006/04/19登録日時
(Registration date)
2007年10月31日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年01月06日 11時19分
質問
(Question)
郵便局の定額貯金について昭和61年1月当時の利率、税率、預け入れ限度額を知りたい。
回答
(Answer)
「日本統計年鑑 昭和62年」P419に5.75%(61年2月24日まで)
「新マル優時代の金融商品・節税戦略」に限度額は郵便貯金全体で300万円
マル優枠をオーバーしたときの課税システムに総合課税(確定申告あり)源泉20%
分離課税(確定申告なし)源泉35%
「郵政統計年報」(郵政省)には掲載なし
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金融.銀行.信託  (338 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本統計年鑑 昭和62年』(総務庁統計局編 日本統計協会 1987年)
『新マル優時代の金融商品・節税戦略』(井上 隆司著 日本経済新聞社 1986年 当館書誌ID:0070122513)
キーワード
(Keywords)
郵便局
定額貯金
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000038549解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!