このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
流山市立中央図書館 (2300065)管理番号
(Control number)
流山中央 2021.11
事例作成日
(Creation date)
2021年11月23日登録日時
(Registration date)
2021年11月23日 15時43分更新日時
(Last update)
2022年01月16日 11時40分
質問
(Question)
常磐線はなぜ流山を通らなかったか
回答
(Answer)
『流山市史 通史編 2』p542~562『流山研究・におどり 第5号』p28~39よると、
土浦線(常磐線の旧称)建設にあたり明治27年2月25日に出された仮免許の時点では川口~流山~我孫子~土浦~水戸を通過する予定でしたが、当時の鉄道局長から指摘があり、川口~根戸(柏市)間と上野~根戸間を実地測量し、比較検討することが本免許申請の条件として求められ、距離も短く最小曲線で線路を敷くことが可能な上野~根戸間の方が採用されたという経緯を読み取ることが出来ます。
なお地元住民の反対運動により、流山を常磐線が通らなかったという説は「東葛流山研究 第20号」p42によると、
初出が1974に出版された流山教育委員会編『流山の史跡を訪ねて』に記載された「明治29年に船運業者を中心とする関係者の強力な反対が起り」という文章であると考えられるが、明治29年にはすでに松戸・柏・我孫子駅が開業していたことに加え、その他の根拠資料がないことから否定的な見解を示しています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地理.地誌.紀行  (290 10版)
交通史.事情  (682 10版)
参考資料
(Reference materials)
流山市立博物館 編 , 流山市立博物館. 流山市史 通史編 2. 流山市教育委員会, 2005.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007696909-00  (p542~562)
流山研究・におどり 第5号. 流山市立博物館友の会, 1986-00.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I072790163-00  (p28~39)
流山市立博物館友の会/編. 東葛流山研究 : 東葛なぞふしぎ事典 第20号. 流山市立博物館友の会事務局, 2001.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I011555128-00 , ISBN 4845510847 (p42)
キーワード
(Keywords)
都市交通--千葉県--流山市
常磐線
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000307940解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!