このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20140009
事例作成日
(Creation date)
20141213登録日時
(Registration date)
2014年12月13日 16時26分更新日時
(Last update)
2015年01月25日 20時01分
質問
(Question)
大正から昭和の戦前期頃に,広島にエスエッチ自動車というバス会社があったかどうかを確認したい。
回答
(Answer)
『広島県のバス事業』や『広島県商工人名録』等により,大正~昭和期に広島と浜田を結ぶ路線などで営業を行っていたことが確認できる。
回答プロセス
(Answering process)
 バス会社ということなので,『広島県のバス事業:60年のあゆみ』(参考資料1)を見ると,大正期の営業区間一覧表の中に「エスエッチ自動車(株)」の名前がある。「免許開業年月日」は,大正6年12月20日となっている。
 また,昭和10年刊の『広島県商工人名録』(参考資料2)を調べると,運送業に「エスエッチ自動車株式会社」あり。創業年は「大正八年」と記載されている。
 営業所の所在地が広島市であるので,『新修広島市史』(参考資料3)の索引を見ると,「S.H.自動車株式会社」の記載あり。本文を確認すると「乗合自動車の郊外路線としての運行は前述の可部-横川間のものが明治期にはじめられたのについでは,S・H・自動車株式会社の大正六年に開通の広島-浜田線が早い例である」との記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陸運.道路運輸  (685 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 『広島県のバス事業』(広島県バス協会,1963)p.10
2 『広島県商工人名録』(広島県出品協会,1935)p.369
3 『新修広島市史 第3巻 社会経済史編』(広島市役所,1959)p.442-443「最初の乗合自動車」
キーワード
(Keywords)
バス事業
広島市-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000164501解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!