このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域439
事例作成日
(Creation date)
2016年07月13日登録日時
(Registration date)
2016年07月28日 10時25分更新日時
(Last update)
2016年07月28日 10時39分
質問
(Question)
江戸時代、いわき市平の鎌田あたりは処刑場だったと聞きました。このことについて記述がある資料や、場所が特定できるようなものはありますか?
回答
(Answer)
元文三年(1738)に起きた百姓一揆の指導者らが、平の鎌田河原などで処刑されたという記録が残っています。
次の資料に記述がありました。

『いわき市史 第2巻』(いわき市史編さん委員会 1975)P288-290
『元文磐城百姓一揆』(桜井一平 明治大学校友会石城支部 1959)P30
『元文義民伝』(志賀伝吉 1976)P147-161
『磐城史料稿本 復刻版』(大須賀筠軒)P124
『近代いわき経済史考』(斉藤伊知郎 1976)
 P28-35に「元文義民之碑」あり。P35には「鎌田の首切地蔵」が紹介。
『いわきふるさと大百科』(郷土出版社 2007)P106

これらの資料によると、元文三年九月十八日朝、鎌田口、谷川瀬口、白土口、長橋口、平窪口、好間口から平城下に押し寄せた一揆勢は約2万人(諸説あり)といわれています。打ち壊しや焼き払いなども行い、大規模なものでした。
しかし後日、一揆の指導者らは捕えられ、翌元文四年八月に鎌田河原で斬首となりました。

また、「福島民友」(2015年9月20日付いわき特別版)の連載記事「いわき絵図探訪」では、「磐城平城下絵図」(寛政元年 1789)に記された鎌田の刑場が確認でき、鎌田川の河原に「御仕置場」とあるのがわかります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
刑法.刑事法  (326 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『いわき市史 第2巻』[K/210.1-2/イ・1110038583]
【資料②】『元文磐城百姓一揆』[K/210.5-1/サ・1110163118]
【資料③】『元文義民伝』[K/210.5-1/シ・1111908404]
【資料④】『磐城史料稿本 復刻版』[K/210.1-1/オ・1110038815]
【資料⑤】『近代いわき経済史考』[K/332/サ・1110055041]
【資料⑥】「福島民報」(2015年9月20日付いわき特別版)
キーワード
(Keywords)
元文義民一揆
農民一揆
処刑場
刑場
首切り場
御仕置場
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000195288解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!