このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-20-078
事例作成日
(Creation date)
2020年8月14日登録日時
(Registration date)
2020年12月25日 13時34分更新日時
(Last update)
2021年02月25日 10時43分
質問
(Question)
山ノ内町戸狩の下田姓について、来歴などわかるものはないか。
回答
(Answer)
 『角川日本姓氏歴史人物大辞典 20長野県』 角川書店 1996 【N288/158】 p.805 に、

 「下高井郡山ノ内町戸狩の下田勝利家は、家伝によれば、戦国期に上州(群馬県)箕輪城から逃れて戸狩に土着したという。初代正隆は慶長年間に名主を務めた。分家に三代忠兵衛の子中左衛門・定右衛門の系がある。同族の大工棟梁の万蔵は、大正期から昭和初期にかけて名棟梁とうたわれ、地域の学校・役場・神社の大建築を手掛けた。中野市竹原の下田氏も同族。家紋は丸に木瓜。なお、戸狩には上田姓へ改姓した同族がある。」

とあるが、ここでいう「家伝」の所在についての記載は確認できなかった。なお、この資料は、利用者の居住地の公共図書館所蔵している旨、案内する。

 現在の山ノ内町戸狩は、江戸期以前は戸狩村、明治に入り周辺と合併し、穂波村となり、山ノ内町となっている。山ノ内町の中でも南部で、中野市と隣接する地域にあたる。『穂波温泉区誌』 穂波温泉区誌編集委員会穂波温泉区誌編集局 穂波温泉区誌刊行委員会 1991 【N213/68】、『竹原区史』 竹原区市刊行会 1972 【N213/86】をはじめとする関係市町村の史誌類を調査したが、下田氏について触れた記述は確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 『角川日本姓氏歴史人物大辞典 20長野県』で、「下田」を見ていくと、山ノ内町の下田氏についての記述を発見。

2 文中の家伝にあたるものを、凡例、註などを見ていくが、文書名、所在を確認できない。

3 『山ノ内町誌』などの誌史類を見ていく。下田市の来歴についての記述は確認できない。



<調査資料>
・『中野市誌 歴史編 前編』 中野市誌編纂委員会編 中野市 1981 【N213/59/2】
・『山ノ内町誌』 山ノ内町誌刊行会編 山ノ内町 1973 【N213/40】
・『長野県下高井郡誌』 下高井郡役所編刊 千秋社 1999 (長野県下高井郡役所 大正11年刊の復刻版)【N/213/85】
・『佐野の歴史』 佐野の歴史編集委員会編 佐野の歴史刊行会 1979 【N213/53】
・『むらの歴史』 金井明夫著 むらの歴史刊行会 1983 【N213/62】
・『郷土古文書目録』 下高井教育会編・刊 1957 【N213/17】
・『地域を築いた人びと』 田川光雄著 中野・山ノ内人物風土記刊行会 1986 【N283/5】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 10版)
中部地方  (215 10版)
参考資料
(Reference materials)
長野県姓氏歴史人物大辞典編纂委員会編著 , 長野県姓氏歴史人物大辞典編纂委員会. 長野県姓氏歴史人物大辞典. 角川書店, 1996. (角川日本姓氏歴史人物大辞典 / 竹内理三 [ほか] 編, 20)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I010652948-00 , ISBN 4040022009 (【N288/158】 p.805)
キーワード
(Keywords)
下田姓
山ノ内町
先祖
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000291492解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決