このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
尼崎市立歴史博物館 地域研究史料室 “あまがさきアーカイブズ” (5000006)管理番号
(Control number)
082
事例作成日
(Creation date)
2015年07月09日登録日時
(Registration date)
2015年07月09日 13時38分更新日時
(Last update)
2015年07月09日 13時42分
質問
(Question)
尼崎市内の米つき石(米搗き石)について調べたい。
回答
(Answer)
米つき石(米搗き石)というのは、かつて唐臼(からうす)を使って米の脱穀などを行なうとき、足踏みで搗く杵を支える軸木を受ける石です。二個セットで使用され、軸がずれないよう石の上部に切り込みが入っています。
多くの農家で使われていましたが、唐臼が使われなくなるとともに不要となりました。市内の旧集落などでは、民家の軒先や路傍に、かつて米つき石であったと思われる形状の石が残っている場合があります。

尼崎市内の富松町のように、町のオブジェのように米つき石が残されているケースもあるようです。
富松の米つき石は、「富松ひとめぐりマップ」など地元で作られたマップ類に紹介されています。
回答プロセス
(Answering process)
米つき石について記録した文献・資料等を調査・検索したが、次のマップ以外には見出すことができなかった。
◆「富松ひとめぐりマップ」

なお、尼崎市内の米つき石を探索してWeb上に紹介したものとして、次のサイトがある。
◆「A-mgskcityjpn 尼フェチ。尼崎をぶらぶら」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
「富松ひとめぐりマップ」富松21発行 1999年 (地図登録610.14,D-36)
「富松ひとめぐりマップ」平成24年版 富松城跡を活かすまちづくり委員会発行 平成24年4月 (地図登録610.14,D-36-2)
キーワード
(Keywords)
米つき石
唐臼
富松
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
Webサイト「A-mgskcityjpn 尼フェチ。尼崎をぶらぶら」
米つき石を紹介したページ
http://blog.livedoor.jp/ufodouji-tec_rec/archives/45290209.html
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000177003解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!