このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2010-0206
事例作成日
(Creation date)
2010年02月10日登録日時
(Registration date)
2010年03月03日 16時45分更新日時
(Last update)
2010年03月03日 16時45分
質問
(Question)
作家・澁澤龍彦が若狭を旅した時の紀行文を知りたい。
回答
(Answer)
澁澤龍彦は1977年に若狭地方を旅しており、若狭神宮寺や鵜の瀬を訪れている。同年に書かれた「城」および
1985年に書かれた「水と火の行法」にそのエピソードが記されている。
回答プロセス
(Answering process)
① 以前開催した企画展パンフレット中にあった記憶あり → 下の資料を確認する。
  ・「若狭路を旅した人々」展 福井県立若狭図書学習センター編 2004 (H296/フクイ)
   :「そのほかの旅人たち」p19中に「澁澤龍彦『都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト』より「水と火の行法」(1990)…鵜の瀬」の記載がある。
 ⇒ これとは別の作品、とのこと。

② 近刊で澁澤龍彦の古寺紀行的な本の中に、若狭に関する部分があった記憶あり。
  ・『澁澤龍彦の古寺巡礼』澁澤龍彦著 平凡社 2006 (185.9/シフサ)
   :「東大寺お水取りと若狭の寺」p128~136。若狭の紀行文「水と火の行法」と「城」(いずれも一部分)を紹介している。
    また、p156~157の「旅の記録」には、1977年4月20日「美方(ママ)五湖。明通寺。小浜泊。」21日「万徳寺。若狭姫神社。
    若狭彦神社。神宮寺。鵜の瀬。妙楽寺。円照寺。」の記載がある。

③ 「水と火の行法」「城」は『澁澤龍彦全集』河出書房新社 1993-95 に所収されている。両作品の解題等より以下の書誌事項がわかる。
  ・「城」:『全集』17巻p451~457(若狭関係部分),解題はp510~513。初出は雑誌「新劇」1977.10~12月号。
      『城-夢想と現実のモニュメント』白水社 1981 刊行。「今年四月、妻と一緒に若狭から丹後地方を車で旅行した」として、
      若狭神宮寺と鵜の瀬のエピソードを記述している。
  ・「水と火の行法」:『全集』22巻p314~318,解題はp603~604。初出は『東大寺お水取り』小学館 1985。『都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト』
      立風書房 1990 刊行。「いまから七年前」の若狭神宮寺と鵜の瀬の来訪にふれた内容。

④ 『澁澤龍彦全集』別巻2 の「澁澤龍彦年譜」1977(昭和52年)に、以下の記載がある。
 →「4月19日-23日、京都へ。龍子夫人の運転するレンタカーで、若狭の小浜から丹後半島を一周する。」

*なお、『澁澤龍彦の古寺巡礼』p129には「火と水の行法」と表記してあるが、上述のように「水と火の行法」が正しい。
  また、単行本『都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト』巻末の「初出一覧」には「水と火の行法」初出の『東大寺お水取り』を
  「1975年刊行」としているが、上述のように「1985年刊行」が正しい(『全集』22巻の解題p604にも同じ指摘あり)。
事前調査事項
(Preliminary research)
かなり以前に刊行された著作単行本(短いタイトルだったとも思う)の中に、入っていた。
NDC
日記.書簡.紀行  (915 8版)
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
澁澤龍彦 
「城」
「水と火の行法」
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000064321解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!