このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-1056
事例作成日
(Creation date)
2009年02月05日登録日時
(Registration date)
2009年06月09日 13時28分更新日時
(Last update)
2009年06月09日 13時28分
質問
(Question)
『大日本地名辞書』の恵那山に関する記述で出典となっている以下の資料の著者、刊行年が知りたい。
・『濃陽志略』 ・『信濃地名考』 ・『賤の小手巻』 ・『吉蘇志略』 ・『新撰志』
回答
(Answer)
1 所蔵の吉田東伍『大日本地名辞書』で記載を確認。

2 『岐阜県の地名(日本歴史地名大系21)』(平凡社,1989)の解題を参照し、以下を回答。
・『濃陽志略』(別称『濃州志略』) … 松平秀雲著、宝暦6年(1756)成立。
・『新撰志』=『新撰美濃志』 … 岡田啓著、江戸後期成立。
   
3 『長野県の地名(日本歴史地名大系20)』(平凡社,1979)解題を参照し、以下を回答。
・『信濃地名考』 … 吉沢好謙著 明和4年(1767)成立。
・『吉蘇志略』 … 松平秀雲著、宝暦7年(1757)成立。

4 『賤の小手巻』については『国書総目録』を参照。『賤のをだ巻』著者は前津居士とあるが、成立年代については記載なし。念のため当館蔵のコピー(原本:国立国会図書館)を確認したが、手がかりは得られなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『賤のをだ巻』については当館蔵の『国書総目録』に職員のメモで「「濃州徇行記」に引用多し 道三書簡写もあり」とある。
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000055484解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!