このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-20-025
事例作成日
(Creation date)
2020年06月14日登録日時
(Registration date)
2020年06月18日 18時11分更新日時
(Last update)
2020年07月29日 16時06分
質問
(Question)
『上田付近の遺蹟と傳承』箱山貴太郎著 上田小県資料刊行会 1965 【N221/17】p.105の「信州大学の千葉教授は、近世初めないし中世末の天正のころ、地侍によって虚空蔵などが祭祀されたことを指摘している」という記載に該当する論文を読みたい。
回答
(Answer)
千葉徳爾「苗代田 (第2 回民協研究大会報告要旨)」(最終確認2020.06.23)
『民族學研究』第29巻2号(1964年10月)  日本文化人類学会 p.141-p.144
であると思われる。

『20世紀日本人名事典2』日外アソシエーツ株式会社編集 日外アソシエーツ2004【281.03/ニチ/2】
p.1623 千葉徳爾(チバ トクジ)に
「昭和25年東京高師助教授、信州大学助教授を経て、愛知大学、筑波大学、明治大学各教授を務めた。」とあり。また、

『長野県学事関係職員録 昭和30年度』 信濃教育会編 1955 【N370/101/’55】 p.294
  信州大学教育学部松本分校 助教授
『長野県学事関係職員録 昭和40年度』 信濃教育会編 1965 【N370/101/’65】 p.322
  信州大学教育学部松本分校 教授

の記載があり、昭和30年(1955)から昭和40年(1965)まで信州大学教育学部松本分校の助教授、教授として在籍していたことが確認できた。

 また、当該論文と思われる
千葉徳爾「苗代田 (第2 回民協研究大会報告要旨)」の中で虚空蔵について

                           
   (前略)ウンナン神の一部には、古い記録や社の額には運満虚空蔵とか、虚空蔵菩薩な
   どと記したものがあるので、ある時代おもに仏教の教義によって、湧水の信仰が指導
   説明された時代があるように思われます。その神の分布が仙台平野の西から北へ、低
   湿な新田場をさけて拡がっていること、ウンナン神の社の管理や祭に当る家がウン
   ナンヤシキと呼ばれており、「仙台藩風土書上」などによると近世初ないし中世末の
   天正ころの地侍によって祭祀されたという伝えをもつものが少なくない(以下略)


と述べており、『上田付近の遺蹟と傳承』箱山 貴太郎著 上田小県資料刊行会 1965【N221/17ア/】
p.105の「近世初めないし中世末の天正のころ、地侍によって虚空蔵などが祭祀された」
という記述と内容が類似していたので、紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
1 Cinii Articles(最終確認2020.06.23)で全文検索を選択し、フリーワードに「虚空蔵 千葉」と入力する。検索スコア:高い順に設定すると1件目に表示される、佐野賢治「鰻と虚空蔵信仰 : 禁忌の歴史民俗学的一考察」の参考文献に「千葉徳爾 1969「ヤシキの性質」『陸前北部の民族』所収」とあった。

2 『20世紀日本人名事典2』を確認。信州大学助教授だったことが分かる。
また、『上田付近の遺蹟と傳承』が出版された昭和40年(1965年)前後の『長野県学事関係職員録』で
千葉徳爾の記載の有無を確認すると、昭和30年(1955)から昭和40年(1965)まで信州大学教育学部松本分校の助教授、教授として在籍していたことが確認できた。

3 当館OPACで『上田付近の遺蹟と傳承』が発行された1965年以前のもので郷土雑誌に掲載された千葉徳爾の論文を検索する。信仰に関係がありそうなタイトルの論文を数件確認するが、該当論文は見つからなかった。

4 Cinii Articlesで全文検索を選択しフリーワードに「虚空蔵 地侍」と入力すると千葉氏のものを含む論文が数件ヒットする。内容が類似していたため、当該論文として紹介した。


調査済み資料
佐野賢治「鰻と虚空蔵信仰 : 禁忌の歴史民俗学的一考察」『日本歴史民俗論集7海・川・山の生産と信仰』網野 善彦[ほか]編 吉川弘文館 1993【380.4/ニホ/7】p.314-315
『長野県学事関係職員録 昭和29年度』 信濃教育会編 1954 【N370/101/’54】
『長野県学事関係職員録 昭和30年度』 信濃教育会編 1955 【N370/101/’55】 p.294
『長野県学事関係職員録 昭和34年度』 信濃教育会編 1959 【N370/101/’59】 p.296
『長野県学事関係職員録 昭和35年度』 信濃教育会編 1960 【N370/101/’60】 p.301
『長野県学事関係職員録 昭和36年度』 信濃教育会編 1961 【N370/101/’61】 p.304
『長野県学事関係職員録 昭和40年度』 信濃教育会編 1965 【N370/101/’65】 p.322
『長野県学事関係職員録 昭和41年度』 信濃教育会編 1966 【N370/101/’66】
千葉徳爾「狩と山の神の信仰」『伊那』第12巻7号(1964年7月) 伊那史学会 p.28-p.32
千葉徳爾「まつりと舟」『伊那路』第8巻1号(1964年1月) 上伊那郷土研究会 p.8-p.11
千葉徳爾「家と山の神」『信濃 第三次』第9巻1号(1957年1月) 信濃史学会 p.1-p.22
千葉徳爾「民間狩猟の作法における諏訪信仰」『信濃 第三次』第14巻9号(1962年9月)
信濃史学会 p.38-p.46
千葉徳爾「諏訪の鹿食免について」『信濃 第三次』第15巻8・9合併号(1963年7月)
信濃史学会 p.53-59
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (380)
教育  (370)
参考資料
(Reference materials)
日外アソシエーツ株式会社/編集 , 日外アソシエーツ. 20世紀日本人名事典 [2]. 日外アソシエーツ, 2004.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005873703-00 , ISBN 4816918531
信濃教育会. 長野県学事関係職員録 昭和30年度. 信濃教育会, 1955.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000928645-00
信濃教育会/編 , 信濃教育会. 長野県学事関係職員録 昭和40年度. 信濃教育会, 1965-00.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059197885-00
キーワード
(Keywords)
虚空蔵菩薩
信州大学
千葉徳爾
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000283262解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!