このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-226
事例作成日
(Creation date)
2015年04月17日登録日時
(Registration date)
2015年06月13日 11時18分更新日時
(Last update)
2015年06月27日 12時13分
質問
(Question)
岩手県の案山子(カカシ)文化について知りたい。
回答
(Answer)
案山子について記載のあった資料を紹介。

『案山子の伝承』
⇒p1~2小林文夫「岩手の案山子」
「ここらでは、案山子は、カカシである。いわゆる人の形をこしらえたものと、鳥の羽などをぶら下げたものとでは、当地方では同じには見ていない」(一部抜粋)
『案山子系図』
⇒p3~4「第1章 方言の系統から 1.カカシとカガシ」
⇒p35~44「案山子方言一覧」
『定本柳田国男集 第13巻』
⇒p113~121「案山子祭」
「盛岡などではこの節分の宵に挿す串(鰯の頭、髪の毛などを小さな串のさきに挟んで、ごくざつと炙ったもの)も 、本物の案山子も共にヤツカガシといふさうだから、カガシの元の意味(臭気を嗅がしめる)はまづ明らかになったわけである」(一部抜粋)
『呵呵誌』
⇒p399~404柳田国男「案山子祭」
『胆江風土記』
p184~185「案山子(かかし)について」
「昔は悪臭によって、嫌な臭いを、かませて(鳥獣類を)追い払うのもあった-(略)-悪臭をかませて、『かませて』が、『かがして』、『かかし』となった」(一部抜粋)
p186~187「かかしは田の神様」
「豊作祈願のため、人形(ひとがた)を田畠に立て、神の依代(よりしろ)となったのが、案山子の初まり(ママ)-(略)-案山子を、田畠から下げて来るのが、旧十月十日の夜と言われた。案山子を下げることを、『カカシ揚げ』とよばれた。旧十月十日は、この地方で、大根の歳とりと言っている」(一部抜粋)
回答プロセス
(Answering process)
・「案山子(かかし)」をキーワードに、OPACを検索。ヒットした資料を調査。
・民俗関係 380~をブラウジング。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (380 9版)
参考資料
(Reference materials)
『案山子の伝承』川崎工業高等学校(定時制)郷土研究部∥編・出版 1961年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I036171027-00 )
『案山子系図』小島 瓔礼∥著 ひでばち民俗談話会∥出版 1962年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I036171028-00 )
『定本柳田国男集 第13巻』柳田 国男∥著 筑摩書房∥出版 1982年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001692053-00 )
『呵呵誌』佐藤 信ニ∥編・出版 2003年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I036203576-00 )
『胆江風土記』吉田 菊治郎∥著 胆江日日新聞社∥出版 1978年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I036205533-00 )
キーワード
(Keywords)
案山子/カカシ
田畑
鳥獣
岩手
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000175833解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!