このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-212
事例作成日
(Creation date)
2014年9月24日登録日時
(Registration date)
2015年01月13日 16時29分更新日時
(Last update)
2015年02月05日 14時34分
質問
(Question)
オシラサマなど、岩手県の養蚕に関わる民俗文化について、また宮沢賢治や石川啄木、佐々木喜善の養蚕に関連する事項があればそれも知りたい。
回答
(Answer)
紹介資料は下記の通り。

【養蚕用具など】
『北上山地川井村の山村生産用具コレクション 第2分冊』川井村教育委員会(川井村北上山地民俗資料館)∥出版 2003年
⇒p85~138「養蚕用具」
養蚕用具の図と解説。
『川井村民俗誌 民具編』川井村文化財調査委員会∥編集 川井村教育委員会∥出版 2000年
⇒p161~171「養蚕」
養蚕の道具の写真。
『川井村北上山地民俗誌 上巻』川井村文化財調査委員会∥編集 川井村∥出版 2004年
⇒p453~482「養蚕」
養蚕の歴史、習俗など。オシラサマに関する記述もあり。
『川井村北上山地民俗誌 下巻』川井村文化財調査委員会∥編集 川井村∥出版 2006年
⇒p1~10「生糸」「真綿」「紬」
養蚕用具の写真など。
『地域の記憶 岩手県葛巻町小田周辺の民俗誌』名久井 文明・名久井 芳枝∥著 一芦舎∥出版 2008年
⇒p162~165「養蚕」
養蚕の道具の写真。

【オシラサマの解説、写真等】
オシラサマは主に東北地方に分布する民間信仰のご神体で、一般的には養蚕の神として知られているが、地域によっては眼の神、農業神、イエの神とされている。なお、オシラサマの調査報告書について数が多いため、写真が掲載されているもので当館貸出可能資料を紹介した。

『岩手民間信仰事典』岩手県立博物館∥編集 岩手県文化振興事業団∥出版 1991年
⇒p58~64「おしらさま」
オシラサマのほかに、養蚕の神としてp181「猫淵さま」も紹介されている。
『オシラサマ オシラサマ・シンポジウム記録』一戸町教育委員会∥編・出版 1987年
『いわてオシラサマ探訪』岩手県立博物館∥編集 岩手県文化振興事業団∥出版 2008年
『山形村誌 第1巻』山形村誌編さん委員会∥編集 久慈市∥出版 2009年
⇒p110~115「養蚕」
⇒p285~293「オシラサマ」
『種市町のむかし探訪』酒井 久男∥執筆 種市歴史民俗資料館∥出版 2004年
⇒p117~123「オシラサマ」
『軽米町のオシラサマ』軽米町教育委員会∥編集・出版 1998年
『北上地方のオシラサマ』北上市立博物館∥編集・出版 1998年
『大東町のオシラサマ』大東町文化財調査委員会∥編集 大東町教育委員会∥出版 2005年
『山田のオシラサマ』山田町教育委員会∥編・出版 1989年
『図録陸前高田のオシラサマ』陸前高田市立博物館∥編・出版 1990年

【養蚕にまつわる伝承・民話(オシラサマの民話も含む)】
『大槌の民話』大槌の民話編纂委員会∥編纂 岩手県大槌町役場∥出版 1970年
⇒p23~27「桑木地蔵」
『小本物語 1』工藤 敏宏∥著 武田勤∥出版 1985年
⇒p8~18「おしらァさまと白山神社」
『聴耳草紙』佐々木 喜善∥著 筑摩書房∥出版 2010年
⇒p381~382「オシラ神」
『たのはた風土記 第1集』青木 松太郎∥著 田野畑郷土史研究会∥出版 1971年
⇒p141「オシラさま伝説」
⇒p165~166「オシラさま伝説」
⇒p168「オシラさま伝説(二)」
『二戸の昔話』菊池 勇∥編・出版 1937年 
⇒p88~89「トドコ神様」
『陸奥二戸の昔話』丸山 久子・佐藤 良裕∥編 三弥井書店∥出版 1973年
⇒p116~117「蚕の由来」
『山岸の昔噺午蒡長根』米内 包方∥著・出版 1970年
⇒p27~29「山岸の真綿」
『注釈遠野物語』遠野常民大学∥編著 筑摩書房∥出版 1997年
⇒p81~90「オシラサマⅠ」
⇒p215~230「オシラサマⅡ」
『遠野物語小事典』野村 純一∥[ほか]編集 ぎょうせい∥出版 1992年
⇒p59~61「オシラサマ」   
 
  

【宮沢賢治】
小学生時代に養蚕をテーマにした作文「よーさん」を書いている。

『<新>校本宮澤賢治全集 第14巻[1] 雑纂 本文篇』宮沢 賢治∥著 筑摩書房∥出版 1997年
⇒p6「よーさん」
『宮沢賢治研究 Annual 第2号』宮沢賢治学会イーハトーブセンター∥出版 1992年
⇒p205~212奥田 弘∥著「未発表「綴リ方」「書き方」」
『宮沢賢治学会イーハトーブセンター会報 第4号』宮沢賢治学会イーハトーブセンター∥出版 1992年
⇒p20~21奥田 弘∥著「「よーさん」について」
『宮沢賢治学会イーハトーブセンター会報 第9号』宮沢賢治学会イーハトーブセンター∥出版 1994年
⇒p10佐藤 知良∥著「「よーさん」発見記」
『宮沢賢治学会イーハトーブセンター会報 第45号』宮沢賢治学会イーハトーブセンター∥出版 2012年
⇒p8~9鈴木幸一∥著「賢治さんの「よーさん」から養蚕イノベーションへ」

賢治の童話「イギリス海岸」にも、一行程度養蚕が登場している。
『<新>校本宮澤賢治全集 第10巻[1] 童話3 本文篇』宮沢 賢治∥著 筑摩書房∥出版 1995年
⇒p47~59「イギリス海岸」

インターネット上でも読むことができる。
「イギリス海岸」(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/4417_9667.html (最終アクセス日2015.1.14)

【石川啄木】
啄木の小説「赤痢」の中に“横川松太郎は、同じ県下でも遙ずっと南の方の、田の多い、養蚕の盛んな、或村に生まれた。”という一文がある。

『啄木全集 第3巻 小説』石川 啄木∥著 筑摩書房∥出版 1976年
⇒p297~312「赤痢」

インターネット上でも読むことができる。
「赤痢」(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000153/files/45464_33295.html (最終アクセス日2015.1.14)

【佐々木喜善】
遠野に伝わる物語を柳田國男に語った佐々木喜善は、土淵村長時代に、自費で養蚕教師を雇用していたらしい。このときの養蚕教師について、喜善の日記等も調査したが、詳細は確認できなかった。喜善自身もオシラサマに関して何作か残している。

『佐々木喜善小伝 遠野先人物語』佐藤 誠輔∥著 遠野市教育文化振興財団∥出版 2004年
⇒p106~110「村政への参画と失望(大正14年~昭和4年)」
『佐々木喜善全集 4』佐々木 喜善∥著 遠野市立博物館∥出版 2003年
⇒喜善の日記および年譜。
『遠野のザシキワラシとオシラサマ』佐々木 喜善∥著 中央公論新社∥出版 2007年
『佐々木喜善全集 2』佐々木 喜善∥著 遠野市立博物館∥出版 1987年 
⇒p318~320「おしら神異聞」
『佐々木喜善全集 3』佐々木 喜善∥著 遠野市立博物館∥出版 1992年
⇒p451~454「オシラ神緒論」
回答プロセス
(Answering process)
・「養蚕」「民俗」「風習」「オシラサマ」をキーワードに当館OPACを検索。ヒットした資料を調査。
・参考資料『岩手民話伝説事典』を参照しながら、該当資料を調査し内容を確認。
・「宮沢賢治」「石川啄木」「佐々木喜善」「養蚕」をキーワードにGoogleを検索。
・郷土資料の380~(民俗)をブラウジング。
事前調査事項
(Preliminary research)
『遠野物語』
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (380 9版)
日本文学  (910 9版)
参考資料
(Reference materials)
『<新>校本宮澤賢治全集 別巻[2] 補遺・索引』宮澤 賢治∥[著] 宮沢 清六∥[ほか]編 筑摩書房∥出版 2009年, ISBN 9784480728371 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010079974-00 )
『岩手百科事典』岩手放送岩手百科事典発行本部∥編 岩手放送∥出版 1978年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001394209-00 )
『岩手民話伝説事典』岩手出版∥編・出版 1988年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001944025-00 )
キーワード
(Keywords)
養蚕
民俗
岩手
オシラサマ
伝承
宮沢賢治
石川啄木
佐々木喜善
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000166060解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!