このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00015
事例作成日
(Creation date)
2007/12/27登録日時
(Registration date)
2009年09月11日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年01月26日 16時08分
質問
(Question)
さいたま市内で「旧中山道」という標識を見受けるが、「中仙道」とはどのように違うのか知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】のp.28-29、p.78と【資料2】p.14、p.20-50より、江戸時代以前から「中山道」「中仙道」の両表記が使われていたが、江戸幕府は1716年に「中山道」に名称を統一した。しかし、その後も両表記が慣用的に用いられ続け今日に至っている、とあり。
【資料1】p.28と【資料3】p.37によると、明治6年に1等道路に定められ、数度の改称を経て「国道17号」になった、とあり。
結論としては、中山道=中仙道であり、「旧」がついている部分は国道17号とは重なっていない道筋であるとの可能性が考えられるが、断定した資料を見つけることはできなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『さいたま歴史街道』 吉本富男/編 埼玉新聞社 1990
【資料2】『中山道 歴史の道調査報告書 第5集』 埼玉県立博物館/編 埼玉県県政情報資料室 1986
【資料3】『大宮国道二十年史 さきたまのみち』 大宮国道20年史編集委員会/編 建設省関東地方建設局大宮国道工事事務所 1979
キーワード
(Keywords)
中仙道
中山道
国道17号
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000057874解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!