このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-284
事例作成日
(Creation date)
2016年12月11日登録日時
(Registration date)
2017年02月21日 12時02分更新日時
(Last update)
2017年02月28日 14時46分
質問
(Question)
盛岡藩には、宿の人馬が足りなくなった場合に補填する「助郷」という仕組みがあったか。
回答
(Answer)
盛岡藩領にも「助伝馬」などと呼ばれる同様の仕組みがあった。

◆『用語 南部盛岡藩辞典』一ノ倉 則文∥編 吉田 義昭∥校訂 東洋書院∥発行 1984年
p124「すけごう 助郷」
“南部領においては助郷なる名称を聞かない。”
p165~166「でんま 伝馬 でんません 伝馬船」
“邦内貢賦記(南部叢書第五巻)に、「御馬買衆御用雪ふみ人足並助伝馬手振之員数」というのがある。助伝馬(たすけでんま、またはじょでんま、いずれであるか判らないが)は臨時の伝馬、補助の伝馬等の意と解してよいであろうが、伝馬の過役が庶民を苦しめ往々百姓一揆における嘆願の一項をなし、嘉永六年の大百姓一揆の願箇条にも「御伝馬荷物御通馬之事」(あるいは御伝馬過役)というのがある。”

◆『馬とくらし』遠野市立博物館∥発行 1990年
p14「伝馬」
“伝馬は逓送用の馬で、各通りごとに宿場を整備し、物資の輸送・役人往来のための人馬を提供する伝馬役を課した。(略)遠野では、当初六日町・新町・一日市町が伝馬町を勤めていたが、天明7年(1787)六日町困窮のため穀町が勤めることになった。(略)各宿駅の不足人馬を補うために、助伝馬が3町以外の町村に課せられた。助伝馬は無賃の伝馬役で、本来現物の馬で出役するのが原則であったが農作業に支障があることから、賃銭を負担することが普通になった。”

◆『宮古地方史研究 創刊号』宮古地方史研究会∥発行 1984年
p.35~50「宮古街道傳馬序説」(伊吹喜市)
“街道が制定され宿駅人馬継立の場所(村)が定められて公用の通信及び荷物輸送はこの継立所のリレーによって目的地に到達される。(略)その継立所で準備提供し得ない場合附近の村から應援を得る。この應援する村を助郷と云い、助郷から来るものを入傳馬、助郷からみれば加伝馬と云う。腹帯村の場合茂市村或は刈屋村がこの助郷になった様であるが詳細は未だ明らかでない。”(p.39)

そのほか、関連資料として、下記資料を紹介。

◆『みちのく街道史』渡辺信夫∥著 河出書房新社∥発行 1990年
全国、東北地方全般の助郷制度についての記載あり。

◆『八戸南部藩用語辞典 付・藩士一覧』酒井久男∥編著 九戸歴史民俗の会∥発行 2016年
p150「すけてんま 助伝馬」
“助郷とも称され、宿場に常備する人馬が不足した場合に近郷の村から人馬を負担させる事。”

◆『図説盛岡四百年 上巻』吉田義昭・及川 和哉∥編著 郷土文化研究会∥発行 1991年
p124~135「=むかしの旅=江戸時代の交通」
回答プロセス
(Answering process)
盛岡藩の交通史、馬に関する資料を調査。
事前調査事項
(Preliminary research)
『金ケ崎町史』『水沢市史』によると、仙台藩には似たようなものとして「加人馬」という仕組みがあった。
NDC
交通史.事情  (682)
参考資料
(Reference materials)
『用語南部盛岡藩辞典』一ノ倉則文∥編 吉田義昭∥校訂 東洋書院∥発行 1984年
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001689390-00  (当館請求記号:K/205/イ1/4)
『馬とくらし』遠野市立博物館∥発行 1990年
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002059558-00  (当館請求記号:K/645.2/ト1/1)
『宮古地方史研究 創刊号』宮古地方史研究会∥発行 1984年 (当館請求記号:/KS20/ミ2/)
『みちのく街道史』渡辺信夫∥著 河出書房新社∥発行 1990年
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002033565-00 , ISBN 4309221688 (当館請求記号:K/682/ワ1/1)
『八戸南部藩用語辞典 : 付・藩士一覧』九戸歴史民俗の会∥発行 2016年
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I071938838-00  (当館請求記号:K/278/サカ/)
図説盛岡四百年 上巻』吉田義昭・及川 和哉∥編著 郷土文化研究会∥発行 1991年
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002497600-00  (当館請求記号:K/2111/ヨ1/4B)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000210332解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!