このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000128766
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00483
事例作成日
(Creation date)
2012年12月16日登録日時
(Registration date)
2013年03月12日 15時38分更新日時
(Last update)
2014年08月27日 14時26分
質問
(Question)
1945年頃、ナチス崩壊の時に、ゲシュタポがどのように裁かれたか、処罰の内容を知りたい。
回答
(Answer)
・『ヒトラーを読む3000冊』 阿部 良男/編著 刀水書房 1995
 p.297~298に、ゲシュタポに関する本の紹介が載っている。
 これより、『ゲシュタポ・狂気の歴史(講談社学術文庫)』(ジャック・ドラリュ/[著]、講談社、2000)を見てみると、p.509~514に、個々のゲシュタポ員がどのようになったか記述あり。
 
・分類「234.07*」で検索したところ、次の本があった。
『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ・恐怖と狂気の物語』 ルパート・バトラー/著 原書房 2006
 p.275~290に、幹部は絞首刑か終身刑となったことがわかる。数名の名前あり。
『ドイツ過去の克服 ナチ独裁に対する1945年以降の政治的・法的取り組み』 ペーター・ライヒェル/著 八朔社 2006
 p.47にニュルンベルク裁判の主要裁判の判決あり。被告の名前が挙げられているが、ゲシュタポかどうかは不明。
 
・『ニュルンベルク裁判 ナチス戦犯はいかにして裁かれたか』 ウェルナー・マーザー/著 TBSブリタニカ 1979
 裏表紙に判決一覧あり。p.391からは、処刑の様子の記載あり。
・『裁かれざるナチス ニュルンベルク裁判とその後』 ペーター・プシビルスキ/著 大月書店 1981
 p.48~61に、12名が絞首刑となったことが書かれている。
 
 
以上の資料を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ドイツ.中欧  (234 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ゲシュタポ
ナチス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000128766解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!