このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000107888
事例作成日
(Creation date)
2014年05月02日登録日時
(Registration date)
2015年02月19日 13時41分更新日時
(Last update)
2015年02月24日 19時24分
質問
(Question)
長州藩の参勤交代の経路について。
1.はじめは海路と陸路をとり、のちに陸路のみに変わっているが、海路でどこまで行っていたか。
2.陸路のみに変わったのはいつからか。また、陸路に変わった理由は何か。
回答
(Answer)
1.下記資料1~2によると、享保年間中ごろまでは、三田尻から海路を大坂まで行き、大坂からは川船に乗り、淀川を伏見まで遡って、伏見から陸路をとっている。
天候によっては、室津(宝永年間ごろからは坂越)で上陸し、尼崎で川船に乗り換え、大坂に至ることもあったとの記載がある。

2.陸路に変わったきっかけとなったのは、同じく資料1~2によれば、享保10年(1725年)、5代藩主毛利吉元が参府途中、御供船のうち天長丸が遭難、死者・行方不明者が19名に及んだという事件であったとされている。
なお、資料1には、この遭難事件に至るまでにも、天候により海路の通行に難儀していた記録が紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
1 資料1を確認。
2 参勤交代の関係資料として資料2や『参勤交代』(丸山雍著 吉川弘文館 2007.7)を調査。
3 街道、海路、水路に関する資料として次の資料等を調査したが記載なし。
『日本の街道ハンドブック』竹内誠監修 三省堂 2006.6
『探訪日本の歴史街道』楠戸義昭著 三修社 2006.7
『県別全国古街道事典 西日本編』 みわ明編 東京堂出版 2003.9
『街道の日本史 42』吉川弘文館 2001.09
『近世日本の川船研究 下』 川名登著 日本経済評論社 2005.3
『近世日本水運史の研究』 川名登著 雄山閣 1984.11
『内陸水路の歴史地理学的研究』 奥田久著 大明堂 1977
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 南方 長「萩藩参勤交代の行程--瀬戸内海通行から中国路通行への移行」『山口県文書館研究紀要』通巻29号 山口県文書館 当館請求記号:Y018/K 2 p29-50
2 『参勤交代と大名行列』 永井博編著 洋泉社 2012.4 210.5/P 2 p106-107, ISBN 978-4-86248-881-7
キーワード
(Keywords)
参勤交代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000168018解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!