このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000109280
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00364
事例作成日
(Creation date)
2012年5月30日登録日時
(Registration date)
2012年07月24日 12時25分更新日時
(Last update)
2012年08月02日 10時39分
質問
(Question)
旧大宮市名誉市民第1号の加藤保男氏の家族が、1966年頃大宮駅前に登山店を開店したようだ。
そのお店の場所と状況について知りたい。
回答
(Answer)
加藤保男氏の親族が開いた店の住所については、昭和42年9月1日発行および昭和43年9月1日発行の電話帳で確認できた。
これらの電話帳は埼玉県立浦和図書館で所蔵している。(2012.7.24確認)

『埼玉県職業別電話番号』(昭和42年9月1日発行)
p.186 スポーツ用品・娯楽用品(大宮市)のところに、「加藤スポーツ」の記載あり。

『『職業別電話番号簿 埼玉県版』(昭和43年9月1日発行)
p.220 スポーツ用品・娯楽用品(大宮市)のところに「加藤スポーツ」の記載あり。
※いずれも住所は当時のもの。

店の状況については、具体的に記載されている資料は見つからなかった。
以下の資料に、親族が大宮駅前にスポーツ店を開店したという記述など載っていたので、参考までに紹介した。

(1)『今井通子 私の北壁』 今井通子/著 日本図書センター 2002
p.35以降、今井通子氏のコーチや登山メンバーとして加藤氏の親族の名前が出てくるが、店の記述はなし。

(2)『未踏への挑戦 加藤保男の生涯』 田中舘哲彦/著 汐文社 1983
p.11に、加藤氏の親族が大宮に開いた登山とスキーの専門店にJECC(ジャパン・エキスパーチ・クライマーズ・クラブ、加藤氏の親族、今井通子氏、手塚武男氏、新倉寿行氏ら新進気鋭のクライマーたちによる山岳グループのこと)の事務所が1965年に置かれた、と記述あり。

(3)『エベレストに消えた息子よ 加藤保男-栄光と悲劇の生涯』 加藤ハナ/著 山と渓谷社 1984
p.39に「(JECCの)事務所も、大宮の駅近くに開いた登山具店内に。この登山具店は家からも援助したのですが、クラブ創立の中心となった今井さん(通子)、毛束さん(武夫)、新倉さん(寿行)、細川さん(敬祐)、戸渡さん(誠)らが、店の土台づくりにわざわざ谷川岳から石や砂を運んで来たり、大工工事や電気工事を手伝ってくれてつくったものです。」という記述あり。

(4)『雪煙をめざして』 加藤保男/著 中央公論社 1982
p.8に滝男氏が大宮市に登山とスキーの専門店を開き、新たにJECCという山岳会を創立し、そこを事務所にしていた、という記述あり。

(5)『エベレストに死す 天才クライマー加藤保男(講談社文庫)』 長尾三郎/[著] 講談社 1987
p.108に、滝男氏が1966年にJECCという登山クラブを組織し、大宮駅前に「加藤スポーツ店」という登山とスキーの専門店を開いて、そこを事務所にした、という記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
戸外レクリエーション  (786 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
加藤保男
名誉市民
さいたま市大宮区
大宮市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
埼玉県立浦和図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000109280解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!