このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-20-108
事例作成日
(Creation date)
2021年3月5日登録日時
(Registration date)
2021年03月12日 09時10分更新日時
(Last update)
2021年03月23日 17時10分
質問
(Question)
「秩父坂東湯殿山記行 青木半右衛門 享保11年」(『藤沢市資料集33』所収)に記載されている碓氷峠について、
1 中山道はどのような坂道だったか。鉄道も18号線沿いに通っているが、旧中山道は現在の国道18号線か。
2 沓掛宿があったであろう沓掛町を確認できる地図はあるか。
回答
(Answer)
 アプト式の鉄道が通ったのは旧国道18号線沿いであり、中山道はそれとは異なる一つ北側の尾根沿いであることが、後述する『歴史の道調査報告書 1-5』p.5と、『軽井沢・佐久中山道を歩く』 p.38の地図から推察できる。

1 中山道の様子について
 群馬県側の坂本宿から碓氷峠までの道程が、『歴史の道調査報告書集成 12 関東地方の歴史の道2』 p.204-209に記されている。また、『歴史の道調査報告書 1-5』 p.4-13に、長野県側の峠町から軽井沢宿、沓掛宿について記されており、それぞれの街道筋の旅程、宿場の様子等がわかる調査報告書になっている。
 
 また、国立国会図書館デジタルコレクション/図書館送信限定にて全文の閲覧ができる『軽井沢・佐久中山道を歩く』【最終確認2021.3.12】 p.38-88に坂本宿から軽井沢宿まで歩いた記録が記されている。坂本から峠への項には、「宿を外れたあたりから上り坂になり、道は徐々に険しさを増してくる。」と記されている。また、碓氷川のはじまりの項には「坂本宿から峠町まで二里一七町。そのほとんどが剣阻な山道である。」と記されており、1986年当時の様子が確認できる。街道を歩く企画のもとに綴られたものであり、道筋自体は江戸時代と同じと推察できる。
 
2 沓掛宿について
 上記『歴史の道調査報告書 1-5』 p.12-13に記載がある。
 また、『信濃路をゆく上 歴史街道トラベルガイド』 p.8-9に坂本宿から峠、p.12-13に軽井沢宿から沓掛宿、p.20-21に追分宿までの江戸時代末期の地図が掲載されている。
 また、沓掛宿は『信州ふるさと変遷史 新版』、『日本歴史地名大系20 長野県の地名』 によると、明治8年に長倉村となったのち、再度沓掛村になるが、明治22年東長倉村となり、大正12年に軽井沢町となっている。現在は、軽井沢町中軽井沢である。
 さらに、国土地理院発行の5万分の1の地形図(1949年現地調査)には「沓掛」は見られるが、『最新長野県市町村地図』には見られない。『考証 中山道六十九次』 p.140-141に沓掛宿についての記述があり、掲載の地図上に「なかかるいざわ」駅があり、その上に「沓掛」が記載されている。

 利用者の近隣の図書館にあるものは案内し、その他については、図書館間の貸借サービスがあることを紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
1 「中山道」「碓氷峠」「沓掛宿」「歴史の道」のキーワードから当館蔵書を検索する。

2 NDC分類682(交通史)、郷土分類N290(地誌)周辺の棚を見る。

〈調査資料>
『さよなら碓氷線』 碓氷線を記録する会編 あかぎ出版 1997 【N686/82】
『歴史の道調査報告書 38』 長野県教育委員会編 長野県教育委員会 1994 【N682/53/38】
『中山道 宿場と途上の踏査研究』 藤島亥治郎著 東京堂出版 1997 【N521/143】
『中山道風の旅 軽井沢―馬籠編』 テレビ埼玉・群馬テレビ編 さきたま出版会 2004 【N290/208】
『中山道ぶらり歩き』 笠松治良著 文芸社 2009 【N290/227】
『中山道 佐久の道 絵図でたどる街道浪漫』 佐久商工会議所 2014 【N223/130】
『街道てくてく旅。』 NHK「街道てくてく旅」制作委員会著 講談社 2007 【N686/82】
『歴史の道「中山道」往復アルチュウ(歩く中毒)の旅』 遠山義樹著 東京図書出版会 2008 【N292/447】
『旧中山道 1』 観光資源保護財団 1974 【N682/26/1】
『急勾配とのたたかい 碓氷線物語』 八木富男著 あさを社 1978 【N686/26】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 10版)
中部地方  (215 10版)
参考資料
(Reference materials)
服部英雄, 磯村幸男, 伊藤正義 編 , 服部, 英雄, 1949- , 磯村, 幸男, 1948- , 伊藤, 正義, 1950- , 群馬県教育委員会. 歴史の道調査報告書集成 12. 海路書院, 2008.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009516848-00 , ISBN 9784902796612 (【682.1/レキ/12】p.204-209)
長野県教育委員会/編 , 長野県教育委員会. 歴史の道調査報告書 1-5 復刊版. 長野県文化財保護協会, 1984-02.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059104453-00  (【N682/53-1/1】p.4-13)
土屋郁子, 平野勝重 著 , 土屋, 郁子, 1945- , 平野, 勝重, 1932-. 軽井沢・佐久・中山道を歩く. 郷土出版社, 1986. (ふるさとの歴史散歩シリーズ ; 2)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001827362-00  (【291/ツ】 p.38-88)
児玉幸多 監修 , 児玉, 幸多, 1909-2007. 信濃路をゆく 上. 学習研究社, 2001. (中山道の歩き方 : 歴史街道トラベルガイド)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002967943-00 , ISBN 4054012698 (【291.52/シナ/1】 p.8-9,p.12-13, p.20-21)
長野県図書館協会 編 , 松橋好文 原編 , 松橋, 好文 , 長野県図書館協会. 信州ふるさと変遷史 : 県下81市町村のルーツと現在. 一草舎出版, 2006.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008383584-00 , ISBN 4902842262 (【291.52/ナガ】)
戸羽山瀚 著 , 戸羽山, 瀚, 1909-1987. 考証中山道六十九次. 秋田書店, 1975.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001163062-00  (【682/ト】 p.140-141)
長野県の地名 オンデマンド版. 平凡社, 2002. (日本歴史地名大系 ; 20巻)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I022833021-00 , ISBN 4582910351 (【N290.3/54】)
信濃毎日新聞社出版局 編 , 信濃毎日新聞社. 最新長野県市町村地図. 信濃毎日新聞社, 1997.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002654648-00 , ISBN 4784097228 (【N293/22b】)
キーワード
(Keywords)
中山道
碓氷峠
歴史の道
沓掛宿
信州学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000295155解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!