このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065584
提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2007-0513
事例作成日
(Creation date)
2007年05月13日登録日時
(Registration date)
2010年03月24日 19時50分更新日時
(Last update)
2010年03月24日 19時50分
質問
(Question)
久須夜ヶ岳(小浜市)の空中/航空写真が見たい。
また、泊地区から背後へと通じる山道がわかる地図を見たい。
回答
(Answer)
空中/航空写真は『福井百年を翔ぶ』『新福井の海釣り』に掲載。
山道は『5万分の1図歴地形図』鋸崎 にかつて存在したルートが掲載。
回答プロセス
(Answering process)
① 嶺南地域の空中/航空写真については、4月事例の「空中写真」参照。
  センター所蔵資料は次のとおり。
 ・『福井百年を翔ぶ』福井新聞社 (H290/フ) p102~103 :久須夜ヶ岳全景
 ・『新福井の海釣り』福井新聞社 (H787/フクイ) p134~145 :裾野海岸線部分

② 山道に関しては、H290,H786の棚をあたる。
  『福井県の山』(H290/ミヤモ)『登ってみねの福井の山』(H290/フクイ)には掲載無し。
 *回答後、下記資料に久須夜ヶ岳のルート・地図あり。
 ・『若狭の山々』小浜山の会 (H296/オハマ) p91~95
 ・『若狭の山・谷・峠』小浜山の会 (H296/オハマ) p65~67
  エンゼルライン山頂から大門小門へのルートのみ掲載。文中に昭和45年に小浜山の会が泊地区から大門小門へのルートを開拓したが、
  エンゼルライン開通(昭和47年)後、廃れたとの記述あり。
 ・「小浜山の会」HP( http://w2452.nsk.ne.jp/~ryouji-f/  2007.05.23確認)
  嶺南の主要山岳ごとの登山ルート地図がある。久須夜ヶ岳はエンゼルライン山頂から大門小門へのルートのみ掲載。
 *センターHP「若狭路リンク集」にあり

③ 自館,福井県関係調査相談DBで「久須夜」で検索 (*「ケ」が入らない表記もある)
 → 地図,登山関係の資料はなし。

④ 各種地図をあたる。
 ・『福井県都市地図』(H290/ニユエ),『福井県広域・詳細道路地図』(H290/フクイ) :該当なし
 ・『ゼンリン住宅地図』(H297/オハマ) 『小浜市・おおい町・高浜町住宅明細図』(H297/オハマ)
  :一部それらしき道が掲載されているが、途中で消滅している。
 ・『5万分の1図歴地形図』鋸崎 (H297/コ)
  *5万分の1地図の明治~昭和期の集成。嶺南地域分を所蔵。
  :昭和27年の地図まで該当の2ルートが載っている。昭和43年の地図で片方のルートは途中で消滅。
   昭和46年の地図でもう片方のルートも一部車道となり、途中から消滅している。
 → 質問者閲覧。前述の手書きのルートと同じことを確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
山道は2ルートあり、1つは実際に歩いたが、道は消滅していた。山歩きの仲間が手書きした地図を見たことがある。
NDC
日本  (291 8版)
戸外レクリエーション  (786 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
久須夜ヶ岳 
山道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000065584解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!