このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-115
事例作成日
(Creation date)
2009/9/4登録日時
(Registration date)
2009年10月23日 02時10分更新日時
(Last update)
2020年04月08日 09時44分
質問
(Question)
戦前に行われていた古美術、骨董などの売立入札の方法(参加資格・参加者についてなど)が知りたい。
回答
(Answer)
『骨董価値考』によると、参加資格は荷主か取りまとめ業者が指名した道具屋(札元)か美術倶楽部の会員となっている業者であり、非会員は札元の札を借りて入札した。
また、札元には売る品物の種類により、各分野の専門業者が選ばれていた。
回答プロセス
(Answering process)
京都府立総合資料館・京都府立図書館の蔵書検索システムで、キーワード「売立」を検索し、『骨董価値考』に売立入札の仕組みが詳しく記載されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術政策.文化財  (709 9版)
参考資料
(Reference materials)
『骨董価値考』 光芸出版編刊 1979 226p (当館請求記号Y/709.3/011547)
キーワード
(Keywords)
売立
骨董
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000058944解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!