このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山形県立図書館 (2110039)管理番号
(Control number)
山形県-2008-0034
事例作成日
(Creation date)
2010年02月11日登録日時
(Registration date)
2010年02月11日 15時07分更新日時
(Last update)
2010年03月04日 15時43分
質問
(Question)
山形県で行われている芋煮会の観光客数、一人当たりの観光消費額について教えてほしい。
回答
(Answer)
山形県の初秋の風物詩「芋煮会」は、各地でよく見られる風景ですが、観光データとしてとっているのは、9月に山形市で開催される「日本一の芋煮会フェステバル」のみということなので、これについて、回答いたします。
山形県で年度ごとに「山形県観光車数調査」を作成しています。この資料に第8表として「祭り・イベントの入込状況表」があります。この表によると、観光者は、、平成18年度が19万人、平成19年度が19万5千人、平成20年度が15万人となっています。人数が減少したのは雨天のため。観光消費量については、データが無いので不明です。
また、祭りの主催者の発行している「商工月報」2009年10月号」に、平成21年度の状況が載っています。ここでも、観光消費額については記載がありません。参考までに、資料の中からフェスティバルの様子をお伝えします。「第21回目となった平成21年9月6日。入場者は約20万人、直径6メートルの大鍋で里芋3トン、牛肉1.2トン、こんにゃく3500枚、ねぎ3500本、醤油700リットル、地酒50升、砂糖200キロ、水6トンを約6トンのまき(ナラ材)で炊き上げた」とあります。砂糖を除いた食材のすべてを山形県産の物でまかなっています。日本一の芋煮会公式サイトは http://www.y-yeg.jp/imoni/ です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (380 9版)
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①山形県観光者数調査平成19年度/山形県商工労働観光部観光振興課編/2008(K688/ヤマ/H19)
資料②山形県観光者数調査平成20年度/山形県商工労働観光部観光振興課編/2009(K688/ヤマ/H20)
資料③商工月報/山形商工会議所/2009(KS670/ショ/645)
※(  )は自館の請求記号です。
キーワード
(Keywords)
芋煮会
郷土料理
風物詩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
日本一の芋煮会フェスティバル協議会事務局(山形商工会議所内)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000063099解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!