このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛知大学豊橋図書館 (3300010)管理番号
(Control number)
AULT07-02
事例作成日
(Creation date)
2007年06月20日登録日時
(Registration date)
2015年06月03日 14時49分更新日時
(Last update)
2015年06月03日 15時08分
質問
(Question)
『上古の国語』(国語科学講座5 . 國語史学)佐伯梅友著 明治書院 , 1933.8
のP.87 9~10行目
"これらのうち、「らく」となるものの「ら」については、安藤正次氏の説が「日本文學論纂」にあり、また私も臆節を「萬葉集講座言語研究篇」の中に述べておいた。またこの「く」について・・"
①「日本文學論纂」(昭和7年??)について知りたい
②「萬葉集講座言語研究篇」について知りたい
③「『都良久』『去良久』などについての考」安藤正次(『古典と古語』)についても知りたい
回答
(Answer)
①『日本文學論纂』佐佐木博士還暦記念會編 明治書院, 1932.6 に記載があります。(後日相互貸借)

②『言語研究篇』(萬葉集講座 第3巻) 監修:佐々木信綱〔ほか〕 春陽堂 , 1933 (E112-1:9:3)
 萬葉集品詞概説 2.形容詞・動詞・助動詞 佐伯梅友 p.213-274  とあります。

③当館には所蔵はありませんでした。(後日相互貸借)
回答プロセス
(Answering process)
①『日本文學論纂』の書名で昭和7年出版である資料を調査したところ、以下の3冊が見つかった
 1.折口信夫 評論(書評)「日本文学論纂」昭和7年9月
 2.『言語・文學論纂』京城帝国大学法文學會編 刀江書院, 1932.5
 3.『日本文學論纂』佐佐木博士還暦記念會編 明治書院, 1932.6

 3.であると推測し、実践女子大学図書館へ参考調査依頼を行った。
 p.137-154に 「『都良久』『去良久』などについての考」ありと回答をいただいた
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
言語学  (801)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日本文學論纂
万葉集
照会先
(Institution or person inquired for advice)
実践女子大学図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000175345解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!