このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041314
提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-0217
事例作成日
(Creation date)
2005年06月18日登録日時
(Registration date)
2008年01月25日 18時52分更新日時
(Last update)
2008年01月25日 18時52分
質問
(Question)
李ラインや、拿捕された件数等について知りたい。
回答
(Answer)
李ラインとは「李承晩ライン」のこと。
『日本大百科全書』24(小学館 1988 p.11)に李承晩、李承晩ラインについて記述あり。
李承晩ラインは「大韓民国の李承晩大統領が1952年1月18日に「海洋主権宣言」によって朝鮮半島周辺の広大な水域に主権を主張し画定した線」。「1965年(昭和40)の日韓漁業協定によって、実質的に廃止された」。
『日韓漁業対策運動史』(内外水産研究所 1968)に、海洋主権宣言の内容や、李ライン撤廃運動、拿捕について等詳しい。
『日本水産50年史』(日本水産 1961 p.376-377)にも李ラインについて記述あり。
『海上保安白書』昭和41年版 海上保安庁編(大蔵省印刷局 1966 p.133-137)に、昭和21年-昭和40年の「韓国による日本漁船のだ捕状況の推移」の表があり、拿捕の件数がわかる。また李ラインについても記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 百科事典を調べる。
2 国の資料を調べる。海上保安、港湾関係。
3 水産、漁業関係の資料を調べる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
水産経済.行政.経営  (661 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
李承晩ライン
李ライン
拿捕
海洋主権宣言
日韓漁業協定
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000041314解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!