このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
茨城県立歴史館(閲覧室) (5000004)管理番号
(Control number)
茨歴閲2011012
事例作成日
(Creation date)
20110803登録日時
(Registration date)
2011年08月03日 16時38分更新日時
(Last update)
2014年04月06日 11時36分
質問
(Question)
火薬の原料となる硝石を水戸藩ではどのように製造していたか。また、採集場所や製硝場も知りたい。
回答
(Answer)
硝石は国内では産出がないため、輸入に頼るか、人工的に作り出す以外には方法はなかったようです。そのため、水戸藩でも硝石の原料となる硝石土を家屋の土台下から掘り集め、それを培養して硝石を製造していました。その工程や採集場所がわかる資料をご紹介します。
回答プロセス
(Answering process)
『水戸の洋学』 沼尻源一郎〔編〕柏書房〔発行〕1977〔当館請求記号 K402/1〕より 

藩政初期:藩内で硝石を製造した記録はなし(p.160)。備蓄は城の地下等にしていた。
 寛保2年(1742) 太田村の商人武弓彦左衛門が硝石・火薬を製造し,規定書を藩に納入。「御用留摘要」
 明和年間 藩の矢倉方奉行所の担当で硝石を生産。
 文政8年(1825) 里美地方で猟師鉄砲を支配監督していた4人の郷士に硝石,火薬を江府へ提出するよう命じている。

 天保8年(1837) 城西桜町々会所内に人造硝石試作場を設置。
 嘉永7年(1854)3月 久慈郡天下野村(水府村)〔→安政5年,山方村へ移転〕,多賀郡徳田村(里美村)に製硝場を建設
 文久元年(1861)年 増井村(常北町)に製硝場を建設
 文久2年(1862)年 久慈郡和久村(水府村)にも製硝場を建設
事前調査事項
(Preliminary research)
・五箇山では硝石土を培養して、人工的に製造していた
・家屋の土台下の土から
NDC
燃料.爆発物  (575 8版)
参考資料
(Reference materials)
水戸藩農村の研究 野上 平〔著〕常陸書房〔発行〕1997〔当館請求記号 K612/22〕
茨城史林 第2号 茨城近世史研究会〔発行〕1973
-水戸藩硝石生産史序説-野上 平〔著〕
水戸の洋学 沼尻源一郎〔編〕柏書房〔発行〕1977〔当館請求記号 K402/1〕
キーワード
(Keywords)
硝石
水戸藩
火薬
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000089550解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!