このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神奈川県立川崎図書館 (2120004)管理番号
(Control number)
川図-0033
事例作成日
(Creation date)
2006/02/05登録日時
(Registration date)
2006年04月01日 02時10分更新日時
(Last update)
2006年04月01日 02時10分
質問
(Question)
発光するクラゲについて、生理機構、解剖学的組織構造、図鑑的情報の記載された資料を紹介してほしい。
回答
(Answer)
【生理機構 組織構造】
「 クラゲの水族館」  寺本 賢一郎 著  研成社  1991 483.3/1
全般的にわかりやすく解説してあり、発光のしくみについても記載あり。
江ノ島水族館の堀内由紀子館長監修
「水産動物図説 ミジンコから魚介類まで」 金子 虎寿 編  成山堂書店  1992                             663.8/4 アンドンクラゲの体の構造の図解あり。
「クラゲの正体」   坂田 明 著    晶文社  1994  483.3/3
グラビア写真もあり、ミズクラゲの図解あり。
【発光生物】
「生物発光」   後藤 俊夫 著   共立出版   1975  464/G1
光生物学シリーズの1冊。生物の発光について化学的に研究した成果をまとめた専門書。
「発光生物」   羽根田 弥太 著   恒星社厚生閣  1985 468/H6
カイメンやクラゲ、貝、ウミウシ、タコまたエビなどの海洋動物の発光について解説。「発光意義」(なぜ光るのか)や「発光の機構」(何が光るのか)の章もあり。
「生物発光と化学発光」  今井 一洋 編  廣川書店  1989 464/I2
『生物発光』と同様の専門書。
【雑誌論文】
「発光クラゲの生物発光機構を探る」  近江谷 克裕 著 
   「化学と生物」 Vol.35 No.6 p422~428 学会出版センター 1997
「生物はなぜ光るのか -生物発光とその応用―」  丹羽 治樹 著
   「現代化学」 No.379 p28~36 東京化学同人 2002 
「総特集 海洋発光生物 -研究の現状と展望―」
   「月刊 海洋」 Vol.35 No.9(399号) 海洋出版  2003
【図鑑】
「砂浜・干潟の生きものの飼いかた」  松久保 晃作 著  偕成社 2000 481
 ウミホタルとクラゲの図版あり。
以上、当館所蔵の資料を入門書から専門書まで挙げてみましたが、ご希望に添えるかどうか、ご検討ください。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
無脊椎動物  (483 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
クラゲ
生物発光
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000028190解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!