このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
r135
事例作成日
(Creation date)
2012年09月05日登録日時
(Registration date)
2012年10月28日 13時43分更新日時
(Last update)
2012年10月28日 13時43分
質問
(Question)
全国の図書館のバリアフリー化がどの程度進んでいるのか、分かる資料はあるか。
回答
(Answer)
 障害者サービスの実態調査については、全国調査が行われ、次の資料が発行されています。

・『障害者サービスの今をみる 障害者サービス全国実態調査(一次)報告書 2005年』(日本図書館協会障害者サービス委員会/編 日本図書館協会 2006)
p16「施設・設備」の項において、施設面と設備面に分けて任意の項目を上げ、対応している図書館数と割合について、調査結果として公表しています。
施設には、障害者用トイレ、出入り口等のスロープ、障害者用駐車場など、設備には車いす、拡大読書器、点字プリンターなどを挙げています。

 なお、『図書館ハンドブック 6版』(日本図書館協会 2010)の第7章図書館施設より、「身体障害者が支障なく利用でき働ける建築」の項に、
「「高齢者、障害者等の移動の円滑化の促進に関する法律」(通称:バリアフリー法、2006年)では、図書館の出入口、廊下、階段、昇降機、便所、駐車場、敷地内の通路について配慮を求めている。各自治体も個別に条例などで建築上のバリアフリー基準を定めており、これらの要件を満たすことは不可欠である。」
とあり、建築上の基準は自治体ごとに定められています。

 国内図書館のバリアフリー環境についての基礎情報は、国立国会図書館のレファレンス協同データベースの以下の事例も参考になります。
https://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000050669
(最終確認 平成24年9月5日)

 また、図書館で「バリアフリー」という概念を捉える際、車いすでも利用できる等の建築上の配慮以外に、視聴覚・聴覚障害者、高齢者、妊婦などさまざまなハンディキャップをもった人への配慮、サービス等も含まれます。
 これらに関する文献は、CiNii(国立情報学研究所)で検索できます。「図書館」と 「バリアフリー」のキーワードで検索したところ、多数の文献が該当しました。

CiNii
  http://ci.nii.ac.jp/
(最終確認 平成24年9月5日)

 なお、調査項目については未確認ですが、公立大学でも全国実態調査を行ったことがあるようです。CiNiiで調べると、公立大学の全国実態調査に関する文献が確認できました。

・片山 秀史「障害者等への配慮に関する情報提供施設の現状と課題 : 全国公立大学図書館実態調査結果から」(『日本保健福祉学会誌』 5(1), p41-47, 1998-10-24 )

こちらの文献はオープンアクセスとなっており、以下のURLから確認できます。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008729217
(最終確認 平成24年9月5日)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館サービス.図書館活動  (015 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
図書館
バリアフリー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
図書館
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000113098解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!